インプットが足りてない時は日曜日のアウトプットをやめてみた【休日にブログを休んでみて見えてきたこと】

日曜日はゆったりと過ごそうと、一時的にサラリーマンのような生活パターンになったころから思いはじめました。

フリーランスなんだから、日曜日くらいは好きなことしていたい。

週休2日は望めないので、尚更です。

電車通勤と長い勤務時間による、平日の疲れは想像以上に溜まるのと、寝不足もかなり影響します。

持ち越しの仕事などがあれば、朝1番から取組みます。

せっかくの休日に朝一から仕事は不本意ですが、朝一に済ませて、休日モードにリセットするのが目的です。

そして、そのちょっと仕事モードのまま、最近できていなかった朝の儀式2つをやってみました。

その2つとは、「アイデア5分」と「ひとり会議」という自分の日々の計画とスタート。

振り返りレビューと日記をノートに書き殴るという行為です。

この2つの儀式については、また別でここに記したいと思っています。

平日は朝の時間が取れないため、最近はこの2つの儀式を日曜日にやっていました。

言わば、週次レビューのようになっていました。

最近はブログを朝一に書くようになって、アウトプットもできているので、この2つは週一でいいか?なんて思っていました。

そして今回は仕事で一週空いたので、2週間ぶりにしてみたところ、アイデアがスラスラと何個でも出てくること。

そして自分への質問も普段は5つと決めている、「質問5つ」という儀式でも、いくつでも書き殴れました。

そして、その後に「ひとり会議」という、昨日や最近の振り返りの儀式をしました。

これも日記なので、思っていること、自分の中の物を何でも書き殴れます。

朝からすると非常な気持ち良く、清々しく1日を迎えることができると再認識しました。

朝にブログを書きはじめてから、アウトプットをしているのだからと思い、この2つの儀式を、日曜日だけで平日は中断していました。

その結果見えてきたこと。

ワタシのブログはほぼ日記ブログなので
「好きなことを書いている」「書けている」と思っていました。

自分だけの儀式を2週間振りにやってみてわかったこと。

  • 世間へ発信するブログでは、書くことを制限してしまったり、やはり書けないことは書いていない。

  • 2つの儀式で自分と頭に制限をかけず、整理した後の読書は、頭にビンビンと入ってくる。

ということがわかりました。

当たり前なのですが、やはり恥ずかしいことや情けないことはブログには書きません。

ワタシのような日記ブログでは、内面からの気付きが生命線になります。

久しぶりの儀式がワタシにとって大切なことであることを、気付かせてくれました。

毎週日曜日は、自分のメンテナンスと併せて、そんな気付きのインプットをしながら、アウトプットはお休み。

と、マッタリ休日モードを妄想する今日この頃でございます。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

「手帳ブログ」のススメ
大橋 悦夫
翔泳社
売り上げランキング: 324,381
1日10分であらゆる問題がスッキリする「ひとり会議」の教科書 (Sanctuary books)
山崎 拓巳
サンクチュアリ出版
売り上げランキング: 18,942

via PressSync

投稿者プロフィール

なみのり こうぼう
なみのり こうぼう
1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で23年目の なみのり工房 です。


仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、プロブロガーの立花岳志さんの大阪開催セミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり。ブログを2014年7月からはじめました。


ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら