自分のやりたい事が見え隠れする日々【今の仕事からやりたい事が変わって来たかな?】

広告

自分の今の生活に不満を持っているわけでは無いが、これから先を考えると色々と出てくる毎日があります。

仕事、プライベートと50歳を区切りに考えることが増えたり、変わったりと自問自答が複雑になってきた。

特に仕事については色々と心境の変化や、ちょっと先に向けて現在模索中です。

自分ではブレずに今までやってきた仕事がある。

内装仕上業という業種の職業。

ブレていないと考えていても、年齢と共にできにくくなる職業でもある。

フリーランスという形でやって来たために、自分でやるしかない。

外注さんに依頼したとしても、100%安心して任せれる訳ではない。

丸投げは元請けやオーナーさんから嫌がられるからだ。

そうなると、誰かを育てるべきなのか?

今まで一匹狼でやってきたのだから、今更のような気もするし、育てるとなるとその人の人生も担がなければならなくなる。

そんな時間が自分に残されているのか?

と、自問自答する。

「丁寧に生きよう」とテーマを決め考えてみたら

「丁寧に」でも「しっかりと」でも「真剣に」でもなんでも良かった。

問題はそういうふうに、あまり生きてこなかったと振り返れたからだ。

仕事の忙しさに託けて、家庭を顧み無い時もあった。

フリーランスで生きているので、稼ぐことに必死で周りを気にせず、猪突猛進でなりふり構わずな時期も過ぎ去った。

今までに振り返ることなんて無かったことに気付きました。

無かったと言うよりは、振り返れなかった。という方が正しいのかもしれません。

振り返る暇も無いのと、多少の失敗などで落ち込んでいては、前を向く力が減速することを恐れていました。

なので、迷惑をかけていることでも、「ごめん!でも前へ進む!!」と心では謝罪しながら、生活していたことを思い出します。

その時代は今のように瞬時に人の意見、個人の意見を聞く、情報源が無かった時代です。

ネットもSNSなんて無い時代です。

本か近い仲間との会話くらいでしか、相談や意見を交わすことが無かった。

今の仕事を続けながら先を見据えて違うことを一つ増やす

ならば今の時代、一人でも生きて行きやすくなってきたのだから、何か考えてみよう。

と、少し思えて来た。

何をすべきなのか?何がしたいのか?

もう大体の大枠は見えて来た。

ブログを書き始めて、その中で友達もできました。

その人達の刺激を受け、またその方達のブログを読んで勉強になったこともある。

普通のサラリーマンだったなら、もうこの歳になって今更と思うところだが、自営で生きて来たワタシには、その心境はあまり無い。

そんなことよりも、自分がこの先自分のために楽しく過ごせる仕事。

ちょっと緩く生きようと思える仕事とライフスタイルを妄想してしまう。

これを実現へ持って行くには、どうしたものか?

もうやるしか無い。

では今の仕事以外で自分に出来ることはあるのか?

と自問自答。

少し重い腰が上がり始めて来ました。

まとめ

とは言え、今も仕事に追い回されています。

50歳を節目で考えたなら、これから出来ること、やることの吟味は「しっかりとせなあかん」

と構えてしまって、かしこまってしまうのではなく、今の仕事を軸にもっと自分らしく、楽しく始められる趣味の延長の気持ちで、望みたいと思います。

そんな20年後の自分が生きていれば、ちょっと楽しんで生活出来るものを、持っていたいと思う今日この頃です。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

via PressSync

こんな記事も書いてます。↓

投稿者プロフィール

なみのり こうぼう
なみのり こうぼう
1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で23年目の なみのり工房 です。


仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、プロブロガーの立花岳志さんの大阪開催セミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり。ブログを2014年7月からはじめました。


ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう