2021年10月8日(金)今年初めての伊勢サーフィンへ【国府の浜】

久しぶりのサーフィン。

今年2回目だ。

行き先は三重県志摩市阿児町の国府の浜へ。

久しぶりの伊勢。

しかも、行ったメンバーは娘と娘の彼氏なのだ。

思えばそんな歳まで、波乗りしてる事に何か思うところもある。

特別な事ではないが、今がまあ「親子で楽しめる事」を満喫できる、通過点なのだろう。

日頃は別に気に掛けてるわけでも無い。

今までにも息子達とも何度も行った。

しかし、娘とその彼氏となるとね・・

非常に楽しかったのである。

天気や波にも恵まれた。

決して良い波ではなかったが、モモ〜コシsetハラの波。

朝一はもうちょっと綺麗な波だったのだろう。

初心者の娘がいるので、丁度良さげな波なのである。

平日なのでサーファーも少なめだった。

オッサンサーファーで、ショートボードに乗っている諸兄も少なくなって来たような気もする。

殆どのおじさんはロングに乗ってる。

ロングボーダーに波を取られ、ショートのお兄ちゃん達に先に乗られて。

それでもプカプカ浮いて、波待ちしながら喋ったりする相手が居ると楽しいものなのだ。

昔と比べると沖に消波ブロックが沈められた為、ダイレクトには大きな波は来なくなった。

それでもホームの磯ノ浦よりは、綺麗に崩れるのである。

遠浅の砂浜なので、怪我の不安も無い。

初心者の娘にも安心して見てられる。

余程の大きな波が来ない限り、心配する必要がないので沖に出て波乗りに没頭できた。

結局、そんなに波は良くならなかったが、久しぶりのリハビリサーフィンには良い波数とサイズだった気がする。

娘の彼氏にも楽しんでもらえたようだ。

お昼ごはんはおにぎり一つだったので、海から上がるとほどよい空腹感があったな。

シャワーを浴び片付けをして本日の波乗りは終了。

帰りに地元のびっくりドンキーで、ディナーをしたのである。

高校生か?

と、言うくらいに400gのバーグディシュを食べれた。

二十歳そこそこの自分を思い出した。

ま、いつもはお一人様サーフィンを満喫してはいるが、複数で行く波乗りも、これはこれで昔を思い出せて楽しいのである。

ここに来てのサーフィン仲間が出来るのは、嬉しい限りではある。

また直ぐに行く機会が訪れそうな予感がする今日この頃なのだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら