10/12(日)初めて和歌山海南市にサーフィンに行ってきた

 

WordPressに何か問題が生じていて、1週間後の更新になってしまった。

まだ解決には至っていないのですが、もうちょいで仕上げて更新出来る状態だったので、更新してみます。季節外れの波乗りものですが・・・

では、ここから・・・・

先週末からの台風19号の接近で海は何処も大荒れだった。

ホームの磯ノ浦もクローズアウト気味な波が入ってきている。波情報チェックしてみても他の太平洋側はほぼ大時化状態でした。

今日は諦めて「家の用事でもするか?」と、過ごしていたら、チビCくんが「海行けへんの?」と。「まあ、君が行きたいんやったら行こか?」と聞いたら行きたいということで、急遽出発することに。

台風の海なのでパドルラッシュになる事と、到着しても波の状況次第では中止する事を条件で、取り敢えず南下すべく高速へ乗って和歌山方面へ。

台風が来るたびに何度か行ったことのある海南市の浜の宮へ行って見ることに。

初めて入ってみてホームの磯ノ浦との違いを感じた事を書いてみた。

海岸のロケーションはリゾート気分

 

いつも行くホームの磯ノ浦は横に工場が見えていて、田舎の海の長閑さはあるがリゾート地を思わせるものは無い。

浜の宮ビーチは和歌山マリーナシティの横にある海岸なのでマリーナシティへ行く吊り橋や橋の背景にカラフルなリゾートマンションが何棟か建っている。フェニックスもそびえ立っていて気分は出ているような。

(真夏の海水浴シーズンには行かれた方も多いとは思いますが、私はこの海に入ったのは初めてでございます。)

駐車場もほぼ満車状態でした。500円で駐車出来る。(磯ノ浦でいつも駐車しているところは1000円です)

心なしかカップルや家族連れが多い気がした。ワンボックスカーのリアゲート開けて寝そべって読書しているお姉さんやワイワイとテーブル広げて食事中の人達も結構いらして、マッタリした雰囲気が漂っていました。

磯ノ浦でも真夏時や奥磯の方の駐車場は、そういったマッタリ感が漂っていますが季節外れは皆さんウェーブハンター感が増し、ストイックなイメージを感じます。

低気圧が入った時にするサーフィン(天気が曇りや雨の日)とリゾートビーチは波の立たない所にあるのであまり比べる事は無いのですが、波待ち時にふと景色を見渡すと気持よかった。

交通のアクセスも良かった

 

ここ最近、休日の和歌山へは阪和道を利用しています。

平日は阪神高速湾岸線で泉佐野南まで行って、そこから一般道で行くこともある。土、日、祝日はりんくうタウン渋滞があるので、あまり利用しない。

波乗りに行くときは「波が無くなる前に、1秒でも早く到着したい!」と言う気持ちで必死になっている。最短時間で到着するために多少、お金は掛かるが阪和道で通っている。IMG_1895

ホームの磯ノ浦より一つ先の海南インターで下りるのですが、インターからポイントまでの距離が近いので時間的には早く到着できた。

これは新しい発見でした。ちょっと嬉しかったです。

IMG_1905

定番にこだわらずにたまには探求の心をざわつかせる

 

いつも通う磯ノ浦が好きだ。昔の懐かしさもあり、そして一番の近場だからクローズに近い波の日も行っていた。

だから今回、初の浜の宮ビーチの波に出会って台風時のサーフィンポイントのチョイスの幅が広がったのは、自分にとって有難い収穫でした。

まとめ

 

色々な用事が山積みになっている週末の休日に、他の用事を置き去りにして大好きな波乗りを選択して出掛けるのならば、やっぱり少しでも良い波に乗りたい。

良い波に乗る事がまた上達にも繋がる。

予想以上に良い波が入って来る、浜の宮ビーチ。台風19号が去ってもう今年は台風が近づく機会は無いだろう。

これから太平洋側は波の無い日が多くなります。修行のような日本海側に皆さん場所を変えていかれるんでしょうか。

また次回、浜の宮ビーチに良い波が届くまで待ちましょう。

 
今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

浜の宮ビーチはこちら

こんな記事も書いています。↓

投稿者プロフィール

なみのり こうぼう
なみのり こうぼう
1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で23年目の なみのり工房 です。


仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、プロブロガーの立花岳志さんの大阪開催セミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり。ブログを2014年7月からはじめました。


ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら