ブログをはじめてみてわかった、自分自身の壁になってしまっている事

10月も夜間仕事進行中です。今月は10日間くらいの夜間作業が前半と後半の2回となる見込み。(しんどい)

我々(内装工事)の夜間仕事とは夜間工事の場合がほとんどなんでしょうが、夜間工事は体力も気力も非常に消耗してしまう

夜間仕事が入ってしまうと近況の習慣、リズムが一旦そこで崩れてしまいう。
睡眠、体調管理、仕事の手配の時間調整が難しくなり、その事に敏感になってしまいます。
関連記事はこちら→夜間仕事はしんどい

 

折角はじめたブログを書きたくても書くタイミング、時間を失ってしまうたびにストレスを感じてしまう時の対処法を書いてみました。

時間が無いと時間がかかってしまう

 

『さあ!ブログ更新だぁ!』と意気込んでも時間が取れないために書けず、先送りにしてしまって熱が冷めてしまっている事がある。それが非常に歯痒い。「ああ、今日も更新出来なかった。」と落胆してしまい、1日を終えてしまっている。

夜に仕事をして、朝から昼まで睡眠をとる。当然のように朝から電話が掛かってきて起こされてしまいます。睡眠時間が確保し難いので睡眠時間はをこれ以上割く事出来ません。(平均3、4時間の睡眠時間くらいしか取れていない)

では寝る前に、「帰って来てすぐに書き始めよう!」と頑張るが、文章を考えているうちに「早く寝よう」と言う気持ちと「上手く書きたい」と言う気持ちが交錯してそこで時間が掛かってしまいます

その場合、睡眠をとる選択を優先してしまい「起きたら書こう」となってしまう。時間が無いと時間に焦り、結局時間が掛かってしまっている

しかし、夜間仕事が入ってしまっていて時間が無いのは僕の場合やむを得ないことです。自分の職業だから。

ブログをやっとスタート出来た今、この時間を大切にしたいと思っています。仕事、サーフィン、ブログ。フリーランスとして食べて行ってる以上、仕事は何よりも頑張らないと『何処からもお金が入ってこない』という現実が待っている。

夢や理想は吹っ飛ぶ現実だ。だから「いつ書くのか?」に対して「寝る時間を割く」しかないと今は思っています

IMG_3039

 わからない事は時間がかかってしまう

 

次に自分がブログ1記事にどれくらい時間が掛かるのか、まだわかっていないので時間の無駄遣いしてしまっている事でしょう。

下書きにざっと羅列して行く時にはそんなに時間は掛かってないような気がします。

テーマも悪く無いと思っています。(自分だけが思い込んでいるだけですけどね)

ただ何度も読み返しているうちに文章がどんどん変化していってしまい、「この言葉でいいのか?自分の言葉を活字にすると、どうも良いテンポで読んでいただけないのでは?」と不安が色々出て来て支離滅裂になってしまうのが辛いです。(ボキャブラリーの無さに打ちのめされている)

そんな事を考え過ぎていると半信半疑な状態が続いてしまって、どんどん時間が過ぎて行ってしまってテンションが下がり気味です。

まとめ

 

文章力が無い事。これが最大の壁のようなのだ。

それは「上手く書けてないのではないか?」「上手く伝わってないのではないか?」など上手く伝える事が出来ない歯痒さ、苛立ち。そんなものに変化していく。

これが壁になる要因だと今は思います。あれこれ考えているうちに伝えたい事柄が薄れて行ってしまって、結局、本末転倒でまとまりきれずに「今日はここまで!」みたいな中途半端な強制終了をしてしまう。

今の自分にとってブログを書く事はまだ日課にはなっていないが、今までの『自分の世界』には無かった大切な時間に成りつつある。

仕事は無いと死活問題だから別として、『大好きなサーフィン』は自然が相手だから、波がないと出来ないし、行くのにはそれなりに用意が必要になる。その点ブログは自分が目覚めてさえいれば出来る事なのだ。

『大切なブログ』になるために頑張ろう!と思う今日でございます。

関連記事はこちら↓

投稿者プロフィール

なみのり こうぼう
なみのり こうぼう
1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で23年目の なみのり工房 です。


仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、プロブロガーの立花岳志さんの大阪開催セミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり。ブログを2014年7月からはじめました。


ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら