「翼状片(よくじょうへん)」という目の病気になってしまった

広告

50歳を越えると何かと身体の変調がおこります。

使い続けてきた自分の身体が、少しづつ綻び始めて来ました。

去年の今頃も目の病気の「飛蚊症」になり、今年も眼科へ行くハメに。

飛蚊症は自分だけが見えるものですが、今回は白目が隆起しきているのが見えるので、不安がありました。

身体のパーツの異変はある程度覚悟していますが、目となると少し不安になるものです。

白目が盛り上がって来た

見た目は、白目の結膜が黒目(瞳)の方へ、侵食してくるようなビジュアルです。

瞳が部分日食や、月食のように少し欠けたように見えます。

何ヶ月か前から白目の部分が、盛り上がってきました。

目が充血して瞬きすると、瞼に異物感が出てきたので、眼科へ行ってきました。

「翼常片」って何?

翼状片とは、白目の表面を覆っている半透明の膜である結膜が、目頭(めがしら)の方から黒目に三角形状に入り込んでくる病気です。自覚症状としては充血や異物感などがあります。鏡で自分の目を目みれば一目瞭然なので、「白目の一部が黒目に伸びてきた」というような症状で受診される人がほとんどです。

ということです。

▼ こちらが、なみのりさんの目です。ピンボケ。

飛蚊症の時も医師から言われましたが、自然に無くなり治るものではないらしいです。

紫外線が原因になることが多いようです

どうも紫外線が悪さをしているようです。

なるべくしてなった病気かもせれませんね。

夏には海に入るりますし、普段あまりサングラスなどもかけていませんから。

20分ほどの手術をすれば、取り除くことはできるそうです。

ただ再発することが多いこと多いとのことで、ワタシの場合はまだ小さい方だということでした。

取り敢えず1日4回の目薬点眼で様子を見ることとなりました。

まとめ

50を過ぎたら身体に色んな変調が出るとは覚悟しておりました。

目も片方ぐらい無くても何とか生きて行けると強気でしたが、車の運転ができなくなると、仕事に支障がでます。

波乗りにも行けなくなるので、それは困るなということで、受診して来ました。

今後もっと侵食部分が大きくなると、手術も考えなければならないのでしょう。

また一つ、身体の異常と付き合うことが、増えてしまいました。

暑い時期の紫外線対策は万全に考えたいと思う今日この頃です。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

via PressSync

投稿者プロフィール

なみのり こうぼう
なみのり こうぼう
1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で23年目の なみのり工房 です。


仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、プロブロガーの立花岳志さんの大阪開催セミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり。ブログを2014年7月からはじめました。


ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら