初の静岡県サーフィンな日・・

広告

13日から長男が帰省中だ。

この機会に海へ行きたいと、日頃のストレス発散に海に行きたいと聴いていた。

普段自分で商売をしている長男だ。

では、久しぶりに海に行こう。

そして、できれば次男も連れて行きたい。

それから、長男の家へ孫を見に行こうという計画で決まった。

名古屋在住なので、行き先は伊良湖方面へとなった。

が、波が大き過ぎて、初心者には怖いということで、ちょっと足を伸ばして静岡県は御前崎へ行った。

が、そこも波は大き過ぎて、堤防がある浜松方面まで戻った。

その前に御前崎の先っぽにある、磯亭へ行った。

途中に入った、浜名湖SAで浜松餃子を買ったオッチャンが御前崎では、「磯亭が最高」と太鼓判を押してたからだ。

確かにそこの刺身定食は凄かった。

写真は無いが、次男と相方さんが食べたヘレかつ定食と海老フライ定食もボリューミーだった。

それから、みんなで浜松方面を目指し、結局掛川辺りで入った。

堤防付近のカレントが怖かった。

1番最初に入った長男がどんどん沖へと持って行かれた。

追って入って行ったら、「これは流される」という恐怖しかなかった。

テトラの辺りから上がろうと近付いたが、波が荒い。

テトラに接触してしまい、ガリっと板がクラッシュしたのを感じた。

仕方なく長男の方へ遭難覚悟でアウトへ出た。

そこには1人ローカルのサーファーが波待ちしながら、こちらを誘導してくれた。

もっとこっちへと手招きを長男にしてくれてた。

そして流れの治ったラインナップの手前で落ち着いた。

そして並みに巻かれながらも、岸へ近付いた。

やれやれ、ホッとした。

そのローカルさんに岸へ帰れますか?と聴いたら、堤防から離れたら大丈夫と教えてくれた。

居てくれて本当に助かった。

居てくれなければ、パニックになっていただろう。

もっと岸から入っているサーファーの動きを冷静に見ていればわかったかもしれない。

しかし、初めて入る海には警戒と時間が必要だと思った。

嬉しさのあまりに、慌てて入るものでは無い。

そこから息子兄弟はインサイドの波で、久しぶりのリハビリサーフィン。

なかなかハードではあったが、2時間ちょっと入ってた。

また、もう少しファンウェーブな日にみんなで行きたい。

そして夜は長男宅でバーベキューをご馳走になった。

孫とも遊び、肉をたくさん食べた夜だった。

via PressSync

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら