自転車でコケて肩痛い・・

広告

先月の末の夜に、自転車をご機嫌に走らせてた。

散歩中のワンちゃんが急に車道へと飛び出して来た。

接触する距離ではなかったが、不意の事で反対歩道へ乗ろうとしてタイヤが段差に取られてしまった。

タイヤは進行方向を向かず、体だけが右側へ放り出された状態。

それで膝から地面に落ちた。

後ろから来た通行人のお姉さんに、バッチリコケるとこ見られた。

久しぶりにちょっと派手にコケたな。

恥ずかしいのと、慌てたのでその場から直ぐに立ち上がり退散。

半パン履いてたから、膝小僧からはちょっと血が出てた。

ま、よくある擦り剥き傷だ。

帰宅後の自己フィジカルチェック。

右膝の擦り傷。

左太腿をハンドルの端で突いたと思える傷。

それくらいなので、風呂へ入って洗い流し寝床へ入った。

次の朝、何か身体が硬い。

と言うよりか痛い。

左肩が回らず、腕が肩から上へ上がらないのだ。

はて、何故に肩が痛い?

ぶつけてなどいないのだ。

只、、右手は転倒時に地面に付いた。

左腕でハンドルを握っていて、ハンドルが回転したので、引っ張られたのか?

脱臼か?

と、嫌な感じがしたが、ゆっくりではあるがしっかりと回せるのだ。

医者へ行くべきか?

いや、時間が経てば痛みも治るだろう。

と、おもいながらも直ぐ2週間が経つ。

今週末にゴルフがあるのだ。

練習にも行けない現状である。

かなりましにはなったが、まだ痛い。

早く医者へ行くべきだったのだろうか・・

ま、力まずプレー出来て、上手く行くかもしれないゴルフ。

そうあって欲しいが、予想外の良いスコアでホールアウト!

と、妄想する今日なのだ。

via PressSync

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら