無理矢理受注を増やし仕事に負荷をかけ続けてわかったこと

広告

仕事をバリバリこなし、将来に夢を抱いていたあの頃。

では、今はもう薄れてしまったのか?

いやいや、まだまだやりたい事は沢山あるし、今の年齢にしか出てこない夢も増えました。

しかし、何か仕事に対してあの頃と違う?

そんなことお考えながら、昔を再現するように、今年は仕事取り組んでみました。

仕事で1ヶ月でどれくらいの仕事量をこなし、自分に負荷を掛けて、体力、気力が継続するのか?

また、そんなにバタバタしていて、多方面に一人で何もかもを管理できるのか?

など、次にやりたいことのために、今の仕事でマックス稼げる限界を知ること、少し年齢を重ねてしまった自分は、若かりし頃のように、対応力がどの程度のレベルで仕事をできるのか?

年齢を重ねると先ず、「めんどくさ」の気持ちが何につけ出てくるようになった気がします。

40代前半までや、30代を振り返るといや、あまり記憶が定かではないが、その年齢「やる気のある人」と比較しても、違いが出て来ている。

自分では以前と変わらず、やっている気持ちでも、随分と違う「あの時はこうだったな」と思えるところも少なくないような気がします。

ある意味、単純に浅はかに、行動することが少なくなった。

と言えば聞こえがいいかもしれません。

しかし、若かりし頃と比べると、何か熱いものが違うし、それを避け気味な自分がいる気もする。

だから、負荷を時折かけてやらないと、自分が今どの水準にいるのかが、明確にならないのでは?

と、ボヤけてしまって、バタバタして終わり。

自分は何のために今までやって来たのか?

今ここに居る自分は求めていた自分なのか?

基本、一人親方で生きていると、仕事では他人軸で過ごす事が多い気がいます。

それが自分の価値観を、変な固定観念に縛り付けてしまっている事もあるのだ。

と、わかっていても流されるがままに時間は過ぎ去ります。

そろそろ自己肯定感と、他人軸が及ぼす影響とを真剣に天秤に掛けなければ、後悔する年齢にきっと来ているんだろうな。

それを日々研鑽して行く、仕組みを考え中な、今日この頃でございます。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

via PressSync

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら