今年初の海南浜の宮サーフィンからの現場調査の日曜日・・

広告

先週末から波情報見て、ソワソワな日々。

そして今朝早くに決行して、5時半過ぎに出発。

波情報では磯ノ浦はムネ-カタたまに頭の波。

しかし、今日はクローズアウトするかもしれないとと思ってた。

が、朝の波情報ではまだたくさんのサーファーが入って乗ってる。

しかし、ハードな波だ。

磯ノ浦へ向かう途中にもう一度波情報を確認。

かなり大きくなって、そしてダンパーだ。

先週の静岡シリーズも激しい荒波だった。

2週連続ゲッティングアウトがしんどいサーフィンはやめようと、和歌山インターを降りてから、浜の宮へ行き先を変更した。

いつも右折する国道を左折して進路変更。

6時半過ぎに到着。

海岸沿いのファミマでトイレを借りて、波チェック。

波は小さい。

見た目はゼッドで腰くらいだろうか。

早くもたくさんのサーファーの車で駐車場が埋まってる。

浜の宮海水浴場の駐車場へ移動。

そこも満車寸前だった。

今日は皆んな考えることは同じなのだ。

イソコは波が大きい。クローズアウトになると、浜の宮に良い波が来る。

磯ノ浦が頭サイズのセットが入ってると、ロンガーサーファーは先ずこちらへやってくる。

掘れ掘れの波ではロング向きの波ではない。

アウトにも出にくいのだ。

そんな浜の宮はもうすぐ満ち込みの時間なので、ダンパー気味の波は無くなるとの地元のサーファーのお兄さんが言っていた。

取り急ぎ、7時過ぎに入水。

8時過ぎくらいから地元の人の言葉通り、良い形のセットの波が入って来た。

サイズもハラくらいまでは上がって来た。

今日なんと11時に仕事の打ち合わせが入っている。

9時半には海から上がらなければならない。

なので、一本でも多く乗りたい。

一本一本を大切に乗りました。

が、あまり上手くテイクオフ出来ない。

波にパワーはあるのだが、ちょいタルい波が来てる。

掘れないのでやはりロング向きの波なのだ。

ショートボードには辛い。

ただ、8時半を過ぎるとサイズもちょっとアップしだして、レギュラーグーフィーも共に綺麗で大きな波が入り出した。

1時間弱ほどそんななみを追いかけ続けた。

ロングのサーファーより一歩引いた位置で波待ちしてるので、大きなセットが入ってくると一斉にパドルアウトして行く。

沖へ向かって漕いで、ドルフィンで波を抜ける。

それくらいのサイズになって来ていた。

たまにムネ近い波も来ていたと思う。

そんなこんなで、9時半過ぎに脱水。

慌てて大阪市内へ向かった。

ちょっと市内の高速の出口が混雑していて遅れたが、無事打合せも終了。

打合せ終了後一緒に焼肉でランチ。

現場調査後の設備のリサーチなのだ。

そして、午後から夕方になってしまったが、お彼岸のお参りにも行ってきた。

帰宅後に一件見積りして終了。

そんなバタバタな連休の中日だった。

台風17号はどんな影響をもたらすのだろうか?

サーフィンが終わるともう静かに去って行って欲しいという贅沢な悩みにいつも陥る。

そんな夜です。

via PressSync

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら