山口県の角島大橋を渡って来ました。【2019年1月5日(土)正月休み】

広告

毎年、年末年始は奥さんの実家がある、九州へ行きます。

それも、大阪から車での移動です。

なので途中で何処かへ寄り道して行こう。

と、高速道路のインターから降りて、その時に行きたい場所へ行ってます。

無計画で出掛けることが多いのですが、今回も事前のリサーチせずに行って来ました。

今年の正月休みは何処に寄り道する?

山口県の角島(つのしま)って知ってますか?

ワタシは知りませんでした。

今年の正月休みは1週間ありました。

折角だから大阪へ帰る途中に、「高速インターからなるべく近場の名所へ行こう」

と、相方さんの提案で山口県の角島へ行ってみることと相成りました。

山口県か広島県の何処かへ行こうと迷いました

今年は年末年始を九州で過ごし、帰り道に寄り道する計画を立てました。

山口県か広島県の何処かへ行こうと「山口県 名所」で検索。

すると、綺麗な海と橋の写真に心が動きました。

この写真を相方さんに見せられて、即決定。

帰り道の高速道路のインターから、そんなに遠くない場所なので、途中でインターを降りました。

途中、道の駅で寄り道

田舎町へ行くと、意外と楽しいのは道の駅で売られているものがあります。

個人的にですけど。

地場の野菜や肉、特産品が売られてます。

地元の野菜は量が多く安い珍しいものもあり、肉も意外と安いものもあります。

なので、ついついチェックしてしまいます。

トイレ休憩も兼ねて、道の駅へ立ち寄りました。

そこから北上し、日本海側へと走ります。

時間的に日没間近の夕陽を狙って

もう既に、夕方近くなっていたので、ナビに従い車を走らせて、ちょっと急ぎました。

近くまで行くと灯台が見えて来ました。

灯台を目指し、そして海岸線をぐるっと回って、何があるのか散策しました。

そしてホテルの横から橋の景色を見て、ちょっとテンション上がりました。

海岸沿いの海の家のような食堂に出会う(角島テラス)

カフェにでも入ろうと思い、出来るだけ海に近い道沿いを走っていたら、ノボリ看板が見えて来ました。

海が見えるところまで、半信半疑でどんな店なのか確認することにしました。

夏なら賑わってそうな魚介類を食べれそうな店を見つけました。

角島テラス

営業してそうだったので、駐車場に車を停めてメニュー確認と、食べさせてもられるのか確認。

営業中なのでなんでもオッケーということでした。

急遽ここで夕食を済ませてしまおうと相成りました。

そして、魚介系の料理をいただくつもりが、瓦そばがあるということで、皆んなの関心がそちらに移りました。

帰りの高速道路のSAで、瓦そばを食べて帰る計画だったので、焼きサバ瓦そばを食べることに。

以前、錦帯橋の近くで瓦そばを食べたかったけど、犬が一緒だったので、泣く泣く諦めたので、リベンジです。

日没までに食事を済ませて、夕陽が沈むところを橋から撮りたかったので、大急ぎでいただきました。

予想以上に、美味しかったです。

サバが脂が乗っていて、瓦も本物を焼いていて、茶蕎麦がカリッと香ばしく、麺つゆにつけていただきました。

ここから見る夕陽は、テレビドラマの舞台にもなったようです。

この日の日没時刻は、17時15分でした。

山口県の日本海側の島に架かった角島大橋を渡って来ました

お腹を満たされて、橋へ向かいました。

しかし、食事した海岸からはいい夕陽が見えていたのですが、この日は曇りがちな天気で、水平線近くは靄ってました。

ちょっと焦りながら、橋が見渡せるところまで来ました。

やはり、曇ってました。

あの綺麗な海の写真とはほど遠い、どんよりした空模様でした。

ま、突然来たのだから、仕方ないではないかと、気を取り直して、島から橋の全景が見える高台へ向かいました。

そこからの見える景色は良かったです。

そしてまた、5時間半掛けて大阪へ戻りました。

実際には休憩を入れて、7時間ほど掛かりましたが。

できれば晴天の日に、また訪れたいと思います。

まとめ

写真で見た景色ではなく、曇天の空、鉛色の海でした。

が、春の陽気が心地良いゴールデンウィークの今ならきっと橋を渡る風も爽快なのでしょう。

一見、チープに見えるプレハブ小屋の角島テラスも、料理は本気度が高かったです。

瓦そばは以前に食べた、高速のサービスエリアのものよりも、クオリティがかなり高かったです。

また、夏本番の頃にリベンジで訪れたい場所となりました。

その時は海の幸も堪能したいと思う、今日この頃でございます。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

via PressSync

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら