一つ習慣化ができたら、何か一つ習慣が無くなってしまう。【とにかく続けることが大事だと思うこと】

ブログを書く時間を朝に変えてから早、20日ほど過ぎました。

朝早く家を出る割に、遅い帰宅となっているので家での自分の時間が限られてきました。

寝不足が続き2、3時間の睡眠時間の日が多くなって、夜は気力が激落ちしています。

こんなに夜にブログを書くことが辛かったのか?と思うほど、まとまりません。

今日は電車通勤で無かったので、夜にブログを書く日となってしまった。

朝と夜のテンションの違いをこんなに感じるのは、この何年かは無かったように思います。

逆に言えば、規則正しく1日を過ごすと、ワタシの場合しんどくなるのか?

会社勤めの方は通勤と会社での仕事、帰りにプライベート飲み会か、会社関係の飲み会などを挟み、帰宅して入浴して寝る。

のような生活でしょうか?

ワタシの場合は、これに夜更かしというものが加わっていることに、最近の単調な生活の中で、気付きました。

表現がおかしいかも知れませんが、夜更かしをすることで、同じ寝不足でも1日にできることがいくつか増えます。

これが、一時的ではありますが、今の生活に無くなってしまっていることに、違和感を感じていたことがわかりました。

念願の早起きは手に入れることができました。

しかし仕事の帰宅が遅くなり、夜のランニング習慣も途絶えています。

夜にブログのことを考える時間もほとんどなくなりました。

夜は脱力感と共にボーっとしている時間が増えています。

今夜はこのような、なんとも言えない心境で書いていますが、あと7時間ほどすれば、また電車の中で書き始めるのです。

この頭の回転の鈍い状態が、睡眠でリセットされるのか?

そろそろ毎朝のブログも、書くことが無くなって来たのではないのか?

一つ習慣ができたら、一つ習慣が無くなる。

思えばこんな、習慣の玉突きのような生活を送ってきたなぁ。と自己嫌悪。

と思いつつも、明日は明日の空気に何かを期待したい、今日この頃です。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

via PressSync

投稿者プロフィール

なみのり こうぼう
なみのり こうぼう
1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で23年目の なみのり工房 です。


仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、プロブロガーの立花岳志さんの大阪開催セミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり。ブログを2014年7月からはじめました。


ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら