この先自分は何がしたいのか?

広告

最近また、仕事に追いかけ回されて、やりたいことに集中できない自分がいます。

ランニングは消滅に近い状態。

海にも山にも行けず。

習い事は新しいもの順からなんとかできている。

読書は車中のメルマガを聴くことが今の定番になりつつある。

しかし、会社勤めと違うところは、そんな生活でも苦にならないことです。

やった分だけ自分に信用が付いて行き、お金という見返りも自分に転がり込んでくる世界だからです。

魚釣りに夜中から出かけて、大漁で帰ってきて「あーしんどかった!」や「くそっ!こんなに釣れやがって!!」と考える人は少ないと思います。

お金にも同じような事が言えます。

しかし、マンネリ化や思考、行動の飽和状態というものが、それなりの年齢に差し掛かると出てきてしまうようです。

そればっかりじゃ嫌や。

になるようです。

やはり人間は習慣の塊なのでしょうかね。

こっちが良ければ、あっちが傾き、それを修正したがる生き物なのかもしれません。

だったら、何がしたいねん?

と、やりたい事は決まってる。

ただ、抵抗する事柄が多過ぎるのも事実です。

些細な事なんでしょうけど。

誰かに背中を押されてもダメ。

一歩境界線を跨ぐだけなのにね。

いっそ蹴つまずいて、知らん間にあっちへ行ってた。

それくらいが丁度良いのかも。

そろそろ自殺行為に出ようかと思う、今日この頃です。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

via PressSync

投稿者プロフィール

なみのり こうぼう
なみのり こうぼう
1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で23年目の なみのり工房 です。


仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、プロブロガーの立花岳志さんの大阪開催セミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり。ブログを2014年7月からはじめました。


ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら