最近は寝落ちと就寝の境目が曖昧な日々

広告

疲れが溜まってしまう時、特にモヤモヤして思考も行動も上手く回ってないとき。

そんな日は、寝落ちしてしまうことが多い気がする。

中途半端な時間に寝てしまう。

それは昼寝に近い感覚のものだと思う。

その時間帯が午後9時とか10時くらいが多い。

そして普通は多分、きっとそれは早寝の人の就寝時間なのだろう。

仕事が現場とそれが終わってからの、違う案件を扱うときは、帰社後に内勤攻めに合う。

見積りやら、発注作業やメール連絡など、朝から始めても丁度くらいの仕事量がある。

その山積みの仕事を想像して、考えるうちに睡魔に一瞬にさらわれていることが多い。

凄く疲弊した日はそのまま、3時間以上寝てしまっていることも多々ある。

そんな今の睡眠事情。

万年睡眠不足な自分には、兎に角なれる時に寝る。

が、第一なのだ。

この先どうなる俺の睡眠。

via PressSync

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら