昨日はびわ湖で野外メシな日・・

広告

コロナ渦の影響か?また娘が帰省中なのだ。

まあ、東京に居るよりは大阪の方がちょっとマシ?

どっちでも状況は変わらんか。

それはさて置き、その娘がこっちへ来たら「どこかへ行こう」と約束してた。

その日が昨日に設定されたのだ。

週間天気予報を信じて、雨の確率が少ない日だったのだ。

が、朝から曇りで降水確率は20%だ。

行き先は滋賀県のびわ湖方面。

びわ湖の西側の北側にある池へ行って、その辺りで「昼飯作って食べよう」と言う企画なのだ。

道中、雨が降って来た。

割と強い雨だったりの、降ったり止んだりだ。

池に着いた時は辛うじて曇り。

見て移動する時は、本降りになって来た。

しかし、山の中腹からびわ湖を望むと、もっと北側は晴れている。

その晴れ間を目指して、昼メシ場所を決めようと移動。

途中の道の駅で直売の野菜などを購入。

結局、湖畔のオートキャンプ場に決定。

そこは気持ち良く晴れて、平日とありキャンパーも少ない。

本来は完全予約制なのだが、平日で空いていたので入れてもらえた。

優しい監理者のおじさんが快く案内してくれた。

助かった。

我々以外は、皆さんテントやタープを設営されてた。

我々は昼メシを食べるだけに来たので、タープも無しで木陰で調理。

メニューは最近の定番、炊き込みご飯とインスタントラーメン。

これが大空の下で食べると「これがあのインスタントラーメン?」と言うほどの旨さなのだ。

うまかっちゃんと、イワシの缶詰の炊き込みご飯。

家で作ったゆで卵と、途中買ったきんぴらごぼうで、雑多な調理。

しかし、これが手軽で美味しい。

作る楽しみと、どんな味に出来上がるか?のワクワク感は醍醐味と言えるのだ。

そんな昼ごはんの旅。

長閑なびわ湖畔でゆったりとした時間が流れてました。

今度は本格的な装備で来たいところとなった、1日でありました。

そこから、余呉湖まで北上し、帰路へ着きました。

帰りの高速道路は大雨でした。

ちょっとツイてた、びわ湖巡りな日であったのだ。

また行くぜ!

via PressSync

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら