時間がないからできない。無いからこそ「やらねばならないこと」を優先し、他を捨ててしまうとタスクリストが整理されてくる。

時間がないからできない。やらない。

よく口癖のように何度も出て来る言葉だ。

時間がないから絶対に、やらなければならないことをやる。

例えば、ワタシの場合のタスクの一切れを書く出すと、「今日中に絶対発注しなければ、明日は土曜日、来週早々に間に合わない。」

などの絶対に忘れたら、悲惨な結果を招くことになります。

その忘れたら悲惨なタスクを頭以外で管理できるだけでも、相当な価値があると感じています。

昨日は金曜日で仕事に於ける、その忘れたら悲惨な事になる日でした。

最近はタスクリストも歯抜け状態が続いていますが、日々の「絶対に忘れてはいけないタスク」だけでも午前、午後で複数あります。

最近は、この大切な仕事のタスクと日常の絶対やるタスクだけに絞り込むことにしました。

そうする事で今までのタスクリストには随分と贅肉が付いてしまっていたことがわかりました。

プライベートなタスクでは「今日はこれをしたい」という希望的観測も入ったタスクを毎日置き去りに先送りして過ごしていたり。

こういう自分の拘りの未練たらしいタスクを捨てることで、少しづつ整理され、気持ち良くリアルタイムと向き合えるようになりました。

やはり捨てることは大切であることがわかります。

必ず何か自分が拘っているものが一つや二つはあります。

一旦、それをバッサリと切ってしまうこと。

またやれる時間の余裕が出来れば、付け加えれば良いだけです。

何もかもお腹いっぱいの状態では、苦しさも出てきますね。

「時間がないからできない」「やらない」は自分の思い込みと拘りだけであって、冷静に見ると意外とできていることに気付かされるという事です。

何事も立ち止まり、当たり前を見直す時間が必要ということでしょうか。

iPhoneと「たすくま」さんを弄り過ぎて夫婦喧嘩にまで発展している、今日この頃です。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

via PressSync

投稿者プロフィール

なみのり こうぼう
なみのり こうぼう
1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で23年目の なみのり工房 です。


仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、プロブロガーの立花岳志さんの大阪開催セミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり。ブログを2014年7月からはじめました。


ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら