ブログをポチッと更新すると快感と爽快感がやって来る。そのワケは?

広告

ブログが書けない日々が続くと、1記事更新するのも苦しい時があります。

ワタシは月1回のブログのレッスンを受けています。

そのレッスンでのディスカッションから出た、会話の1コマからの気付きがありました。

仕事が多忙か夜勤になると更新が停滞する

ワタシの場合はこれがほとんどです。

書きたい事があっても、落着いてPCに向かい執筆しようという気持ちに入っていかない時があります。

スマホでモブログをしてもどうも、集中できなくて文章がまとまらない。

そんな状態に陥り、その日は途中で断念して、「また明日書こ」と就寝。

 SNSの賑わいを横目に先送りしていることに自己嫌悪

最近は「書ける時に書けばいい」と自分で割り切りができてきました。

休日も仕事や夜も仕事の時もあります。

なのでもう慣れっこになりましたが、ブログを始めた当初は時間はかかるし、途中で寝落ちするわで、大変だったことを思い出します。

ブロガー仲間が更新していると「自分もちょっと頑張らねば」という気持ちも出てきます。

書かないと書かないだけ書くことが苦しくなる

産みの苦しみとまで大袈裟ではありませんが、文章が纏まらず、時間だけが無駄に過ぎ去っていく時があります。

書くということは、書くことを考えねばなりません。

これがある時煩わしく思える時があります。

何か義務感で書いている自分が嫌になる時。

更新間隔が空いてもポチっと公開することで新しい風が吹く

新しい風というのが正しいのかは別としまして、何か風向きが変わります。

先送りしている自分がずっといるのでしょう。

この意識が予想以上に気持ち悪く、落ち着かない時があります。

仕事に没頭して書けないのは「良し」なのですが、周りを意識すると「できていないことにダメ出しする自分」と「自分と他人の差」を考えてしまうこと。

そんな時ほどモヤモヤは尽きることがなく、人間の思考はループするようにできているようです。

まとめ

意識していることで長時間モヤモヤとした気持ちが残り、疲弊してしまうことを今年学びました。

モヤモヤを無くす薬でもあれば良いのでしょうが、そんな簡単なものでもなさそうです。

日常のトラップのような「思考のループ」に巻き込まれるくらいなら、1行でも書いてアップすることが、一時しのぎの特効薬になりそうです。

ワタシの場合は取り敢えず書いたことを、「えいや!」とポチと更新してしまうことに決めました。

書くことがあるのに、書けなくなるこの七不思議的停滞時期がワタシにはあるようです。

取り敢えず「ポチっと」で停滞感の気持ちを断ち切ること。

と、ここまで書いて「ひょっとしてワタシだけ?」と思う今日この頃です。

今日も最後まで読んでいただきありがとございます。

via PressSync

投稿者プロフィール

なみのり こうぼう
なみのり こうぼう
1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で23年目の なみのり工房 です。


仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、プロブロガーの立花岳志さんの大阪開催セミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり。ブログを2014年7月からはじめました。


ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら