ハンドルネームでブログを書き続けることに少し?【ワタシのブログ感】

ワタシの名前は「なみのりこうぼう」

ではありません。

ブログを運営するぞ。と決めた時につけたハンドルネームです。

なぜ名を名乗らぬのか?

それは情報発信して行くことに自信が無かったことと、仕事について辛口に書きたいということもあり、名乗れませんでした。

名乗れませんでした。ではなくて、名乗りたくなかった。が正しい選択でした。

それほど、ブログというネットの世界に自分を晒すことに、何かしらの抵抗があったのか。

日記なら明日から始めれても、日記のようなブログになった瞬間に、ポチッと公開できませんでした。

多分、ブログの独自ドメインを取ってからも、ひと月ほど公開できなかったように記憶しています。

今となっては、甘酸っぱい思い出ですが。

ブログを始めてから、見たり聞いたりいたりして、自分で始めたことがいくつかあります。

ブログというのは不思議なもので、ひとりでも読んでくれている方がいる。

共感してくれて、応援の言葉をもらった。

などがあれば、日記を書いたとしても、それはもう別の物に変わってしまっているように思います。

それがブログの魔力で、欠かさず書きたくなることの、一つの要因のように思えます。

ブログを始めた頃にあった不安や抵抗のようなものも、自分を記録して振り返りをするツールという位置づけにしました。

自分でそう決め、そう変えてからは自分に変化が少しつづ、起こり始めました。

考え方が先ず変わり、行動することに抵抗が無くなる自分に気付かされます。

自分を記録して、それを世間に晒し、また振り返ること。

仕事もプライベートもそこに書かれている。

「これは楽しいなぁ」や「これはクセになるよな」と、ちょっと思えてきたり、ニヤけたり。

そう考えると、「砂浜にオレンジ」では「何だかなぁ〜」と思う今日この頃です。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

via PressSync

投稿者プロフィール

なみのり こうぼう
なみのり こうぼう
1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で23年目の なみのり工房 です。


仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、プロブロガーの立花岳志さんの大阪開催セミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり。ブログを2014年7月からはじめました。


ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら