先送り、先延ばしは「決定疲れ」を呼ぶ【集中力の維持の練習中】

広告

「やりかけのまま」「先延ばし」にしていることがあると、無意識に「気にした状態」が続きます。

これは「集中力の源」である、思考や感情をコントロールする力「前頭葉のウィルパワー」というものが低下するので、モヤモヤした気持ちや、気疲れが残るということらしい。

なるほど。

ふと自分の日常を考えると、「先送り」していることの多いこと。

人は1日のうちで平均70回ほど、物事の選択や決断をしているらしい。

決定を放置し、後回しにした場合にウィルパワーが消費され「決定疲れ」呼び込む現象があるようです。

つまり、人は行動ではなく「意思決定」で疲れるということらしい。

皮肉なもので、直ぐに行動してバタバタするより、先送りして回避した気持ちのままの方が疲れるということです。

確かに朝タスクリストを作り、やる気満々で望んでも、詰め込み過ぎて、先送り、先延ばしが積み重なると、夕方から夜にかけての、あの重たい気持ちを思い出します。

仕事でもメールや報告、連絡を先送りしてしまうと、逆にそこへ意識が行ってしまい、ウィルパワーは食い続けていることになっていたとは。

どおりで疲れが残って気持ちもスッキリしないはずです。

決断は直ぐに。先延ばしはしない。

1日のうちで予定を詰め込み過ぎず、仕事を抱え込まないことが、集中力も高まり、疲れも残さないことに繋がります。

「ちょっと日を改めて決めよう」ではなく、決断をその場で下せる範囲の仕事量がしっくりハマりそうです。

集中力を持続しながら、1日の業務をこなすには、「習慣化」することで、ウィルパワーを使わずにすむことができます。

1日を通して集中できる人たちは、ウィルパワーを使うことなく集中している。

そして余ったパワーをより重要なことを習慣化させるために発揮する。

こうして、できる人は自分の集中力をコントロールしているらしい。

自分では、今日は予定の少なく、時間も取れそうだという日に、時間がありすぎてだらだらと過ごしてしまう。

そして、集中できる時間をムダに過ごしてしまい、「やりたいことリスト」を詰め込み、やる気充分であったにもかかわらず、時間切れで「明日にしよう」と先送り。

このパターンの多いこと。

「その日にできたこと」の充実感よりも、先送りしてしまっていることへのウィルパワーのムダな消費。

そりゃ疲れます。

このブログも書けていない時は、他に尽力していることも多いのですが、「まあ明日書こ」と先送りすると、寝つきの悪い日も多々経験済みです。

先送り、先延ばしをせずに済む、1日の予定の組み方、タスクリストを見直しながら、「丁寧に生きる」を極めていきたい、今日この頃です。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

自分を操る超集中力
自分を操る超集中力

posted with amazlet at 17.10.25
メンタリストDaiGo
かんき出版
売り上げランキング: 477

via PressSync

投稿者プロフィール

なみのり こうぼう
なみのり こうぼう
1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で23年目の なみのり工房 です。


仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、プロブロガーの立花岳志さんの大阪開催セミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり。ブログを2014年7月からはじめました。


ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう