2021年父の日に何を思う・・

最近、いや、ここ何年かに渡るのかもしれないが、思うことあり。

特にコロナ禍の世の中になってからなのか、リズムが何か違う気がするのだ。

そのコロナ禍も早、1年以上が過ぎた。

何か消化不良で、完全燃焼して燃え尽きて1日を終える。

と、言う感触が掴めてない気が心の奥の何処かに引っ掛かってるのだ。

そんな何となくだが、「これな」と言う核心は見えてない、ちょいと歯痒い感覚が残る。

そんな今日この頃で、では何で「父の日に思うねん?」

と、来る。

ほぼ関係性は無いのだが、今この記事を書いているのは、朝の5時前で、「日曜やしもう一度寝るか?」

的なシチュエーションで、頭が冴えてるのか寝ぼけてるのか、色々と思考を巡らせながらベッドでスマホを弄ってる。

今日は久しぶりに晴れるらしい。

最近は「晴れたらバイク」な日々。

しかし、ここ暫くは家族優先で日常は展開されているのだ。

この辺りもちょいとシコリのような、違和感がある。

では、ずっと家族を放ったらかしにして来たんか!?というと、そうではない。

シッカリとお務めさせていただいております。

と、自分では自負しております。

なんと申しましょうか、基本となる軸がちょっとバランスが取れてないと言うべきなのか・・

仕事、家庭、自分

この3つの柱の部分が偏り過ぎても、「なんだかねぇ」なのだ。

コロナの影響で、少し仕事も暇になりつつあるのも、リズムに乗り切れない要因の一つだろう。

そして、この春から家族に動きがある事もまたイレギュラーな事なのだろう。

どちらにしても、前述の3つの柱のバランスが狂うと、時にボーっとしてみたり、変に疲弊してたりとあまり良くない傾向ではある。

自分にとって、今は時間があり過ぎなのかもしれない。

余裕があり過ぎて、無駄な時間を過ごしている気になるのか・・

いや、その余裕時間を、家族のために使えているではないか。

何が違うのか?

今日の父の日に、一日掛けて考えてみようと思うのだ。

そんなまだ始まりもしない父の日の目覚めの朝なのだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら