やっと免許取れたのに・・

広告

今年の初めからちょっとバイクに興味が湧いて来た。

しかも、大型バイクにだ。

今まで4輪車に興味を持つことはあっても、2輪には全く目が行かなかったのだ。

車なら乗ってみたい車種は多々ある。

しかし、2輪のバイクには乗ってみたい車種が無かった。

そもそも各メーカーの、どのバイクが好きとかも無かった。

それが突然、ハーレーに乗りたくなったのだ。

動画など見てるとのめり込んでしまった。

そこでまず、免許取得に動こうと、ゴールデンウィークまでには取得して、夏にはハーレーに乗ろう!

と、計画を立てた。

それがコロナ禍で教習所も閉鎖。

やっとの思いで、7月末から教習開始。

9月末までにはハーレーのキャンペーンなどもあって、どうしても取りたかったのだ。

コロナの影響もあり、ちょっと仕事も暇なうちの昼間に教習所へ通えた。

これはラッキーだった。

しかし、盆明けから仕事が立て込んで来て、ちょっと間が空く事になったが、9月26日に無事卒検に合格した。

あとは試験場へ切り替えに行けば、大型自動二輪の免許が貰える。

ギリギリ9月中に取れそうだった。

勇んでハーレーのディーラーへ電話をしたら、欲しい車種の2020年モデルが完売しました。

と、ショッキングな対応を受けた。

例年なら2021年式が発表され、販売開始されてる時期なのに今年はコロナの影響もあり、発表は来年になるかも?らしい。

ショックが重なり、投げやりになって免許更新も10月になだれ込んだ。

晴れて無事取得できたのが、10月6日なのだ。

記念すべき日となった。

しかし買う気満々なのに、お金も用意したのに買いたいバイクが無いとは・・

こんなにコロナの影響を大きく受けるとは。

バイクに乗ったのは、18才くらいまでか・・

そんな50を越えたオッサンが大型バイクの免許を取得する事の難しさ。

普通免許しか無いので、普通自動二輪から取得せねばならない。

言わば2階級制覇しなければならないのだ。

結構頑張ったのに、残念な気持ちと悔しさが残る。

ま、しかしこれで大型バイクに、心置きなく跨がれる権利を取り敢えず得たのだ。

待ちましょう。

その夢が叶う日まで。

via PressSync

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら