過去の日記を読んでその1日が鮮明に甦りブログと日記の違いを感じた苦い休日

広告

「丁寧に生きる」と去年の後半くらいに、ふと過去を遡ることがありました。

そして最近過去に書いた日記を読み返す機会があり、読むと仕事、家族のことが赤裸々に書かれていました。

日記ブログを書いていますが、日記とブログの赤裸々さの違いがわかりました。

時間に流されて、ただ日々を過ごすだけではなく、しっかりとその場を見つめて、丁寧に生きてみよう。

と、なぜか思うことがあり、そのことについて考えてみたら。

過去の自分の「ええ加減さ」が見えてきました。

別に丁寧にでも、しっかりでも、ちゃんと生きようでも、そこは何でも良いのですが。

「ただ何のとなく日々か流されて行くことはもうやめよう」

「もうやめたい」と思う節が多々出て来たこと。

しっかりと「その時その時代」をお前は見て過ごして来たのか?

早くして自分で起業して、仕事に明け暮れて、まだ小さかった子供達や家族全員との関係か築けてきたのか?

何かあれば「仕事やから、仕事があるから」と仕事の責任にして、「ええ加減」に振舞ってこなかったのか?

ずっと同じ職種の仕事で生きていると、何がマンネリ化しているか?とか、改善すべき点は?

などの意識が薄れてしまいます。

それはワタシだけと感覚かもしれませんが。

しっかりと管理されている方もおられます。

しかし、サラリーマンという立場を捨てた日から、明日、明後日、1週間、一月後の仕事は自分で探し、形にして食べなければなりません。

それ以上に、時間も不規則、不定休な仕事で納期に追われながらする仕事。

身近なものから犠牲にして行く考えや、生活習慣。

これを経験してきました。

家族と旅行へ行ったという思い出も、子供達には無いのかもしれません。

だからなのか、罪滅ぼしなのか?年に一度、九州へ大移動の旅に出ます。

これも一石二鳥的な雑な考えからなのかも知れない。

適当では無いが、計画されている行動では無く、今もそのまま引きずっています。

今思えば、必死に生きてきた自分も理解できます。

今も必死ですから。笑

まとめ

別に丁寧に生きて来なかった訳ではないと思います。

その年齢、世代は世間一般的なことをしようと必死だったように思います。

50という歳を過ぎると、一昨日食べた物や、昨日会った人の名前も思い出せなくなってきます。

過去の記憶も無くなりつつある中で、過去の日記を読み返すと思ったより苦かった。

仕事についての苦しみや家族を見て感じたこと。

奥さんと子供の喧嘩についての自分の意見。

など、振り返りは良いが、感傷に浸ってはいけないこともあるのかも知れません。

そんな雑に生きてきた、流れてきた人生でも記録していれば、軌道修正できることもあるのでしょう。

ここからは「丁寧に生きる」いや「ここからは丁寧に生きたい」と再認識させられた、今日この頃です。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

via PressSync

こんな記事も書いてます。↓

投稿者プロフィール

なみのり こうぼう
なみのり こうぼう
1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で23年目の なみのり工房 です。


仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、プロブロガーの立花岳志さんの大阪開催セミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり。ブログを2014年7月からはじめました。


ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら