もし生きてたら89か・・【バイクに乗ってちょっと思うこと】

2021年7月11日(日)

良く晴れた夏の日だった。

最近の日常は「晴れたらハーレー」

と、決めている。

なのに今日は仕事なのだ。

ついてないと言うか、そういう巡り合わせだからな。

それにしても、曇りを想定していたらピーカンの青空になってた。

現場のビルの窓から見る空は青かった。

ま、昨日の夕方も溺愛車くんのハーレー48を引っ張り出してちょいドライブはしたんだけどね。

最近は東西南北のどれかの方角が、濃い雲に覆われている日が多いな。

梅雨空なので仕方ないが、カラッと晴れることからすると、晴々しくはない。

これはバイク乗りにとっては、不吉な空模様でテンションがちょっと下がる。

しかし、雨が続き乗れてないとそんな一時でも嬉しいものだ。

行き先を決めて遠出するわけでもなく、ただ近所を転がすだけなのだが・・

それが楽しい。

クラッチ握りしめて、アクセル開けて、ギア足で操る。

なんかこうエンジンの付いた乗り物を動かしてる感があるのだ。

信号待ちの度に、ニュートラルへ入れる面倒臭さ。

オートマチック感ゼロのこれが良いのだ。

話は変わるが、今日は7月11日だ。

父親の誕生日なのだ。

もうここには居ないんだけどな。

もし生きてたら89歳か。

90歳まで王手やったんやな。

しかし、83で逝った。

もしまだこの世に居たら、こんな晴れた日に何て言うんやろ?

「ワシも乗してくれ」

って、多分言うんやろな。

そんな7月11日の良く晴れた日曜日に思う。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら