「自分の時間」というタスクが先送りされてる日々【2018年10月を振り返って】

広告

自分のために使う時間が、疎外されていることにふと気付きました。

1日の時間配分とかでは無くて、期間的な問題なので、「仕方ない」と割り切り過ぎて、「自分は二の次」に気付いたら、なってました。

仕事オンリーな考え方が「自分の時間」を先送る

そう、それなんです。

バタバタしてる間に、自分では「仕事だから」とか「今の時期だから」と、やり過ごしていると、いつのまにかそうなってました。

10月の中頃から出張も加わって、環境も日々の習慣も変わったり。

何しろ、ウィークデイは東京、週末は大阪で仕事をしていて、東京の仕事は夜勤だ。

日々小分けの睡眠を実行しているので、夜勤については、さほど気にしないでこなせてます。

しかし、仕事オンリーに時間が流れていて、全く気持ちの余裕が取れていないことに、こうしてアウトプットして行くと気付かされます。

アウトプットの必要性を感じ取れますね。

ペットロスとの同居

それと、東京出張寸前にペットを失ってしまったこと。

広告

これは自分にとって、久々の衝撃でした。

手のひらに乗るくらいから、13年半一緒に暮らした愛犬を失くす悲しさは、想像以上に深い出来事です。

未だに抜けきれません。

そう思えば、もっとこのブログに書いておけばよかったなぁと、思い悔やんでます。

ランニングゼロの月

10月は久しぶりにランニング出走ゼロの月でした。

わかってはいましたが、ちょっと悔しい気持ちが残ります。

出張にはランニングの装備を持って行っていません。

夜勤でそれが加わると、どうしても遂行してしまう自分がいます。

今回の出張は仕事の荷物が多い。という言い訳の元、ランニンググッズは出番無し状態にしています。

これはきっと自分への言い訳ですね。

取り敢えずは帰阪時には走る。を目標にしたいと思います。

まとめ

生活環境や仕事の場所などが変わると、弊害は付き物です。

今まで出来ていたことが、でき辛くなる事が多々あります。

仕事で言うと、プリントアウト一つにしても、面倒くさいコンビニでとなったり。

余計に一つのタスクに時間が掛かります。

今までは「自分の時間」で10できてた事が、0になる事は避けねばなりません。

でも、ついつい先送りしているのが現状です。

今月は週一でもいいので、継続していくことから始めたいと思う、今日この頃です。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

via PressSync

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で23年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、プロブロガーの立花岳志さんの大阪開催セミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり。ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら