8時間寝てみて起こった体調変化【睡眠は全てに優先することがわかった】

8時間眠れる環境に変わると、体調の変化が起こりました。

ここ最近、仕事で約2時間の通勤を強いられてます。

通勤時間は別段苦になりません。

仕事開始時間が7時50分であることが、ワタシにとって問題です。

ワタシは朝起きて家を出るまでの用意、ルーチンタスクに1時間半は絶対掛かる人間です。

いつものルーチンタスクを、多少省いても1時間掛かってます。

そんな日常を変えて生活できる船旅というチャンスが来ました。

船旅という閉鎖された空間で、日常とは違う何でもあるという環境ではありません。

日々のルーチンタスクも夕食が終わると、ほぼ終了です。

電波も来ない環境では、ネットで時間を潰してしまうことは少なくなりました。

代わりに読書する時間はたくさんあったので、嬉しいことではありました。

しかし、それまでの睡眠不足と美味しい料理とお酒も多少入り、寝落ちしてしまいました。

普段は長くて5時間、最近は2時間半から3時間の睡眠時間に減っていました。

子供が寝るような時間の20時過ぎに寝て、5時前後に起床する。

それを約1週間続けたら、体重が日に日に落ちて行くではありませんか。

これには驚きました。

1日中船内に居て、言わば食っちゃ寝の生活でした。

それも明らかにいつもよりも、食べていました。

体重計に載るのが嫌でしたが、毎朝大浴場で入浴する時間がタップリあったので、その時に測ってビックリでした。

昼間は時間があるので、ジムで汗を流し、筋トレもして、サウナにも入ったりしました。

それでも、活動量よりも摂取カロリーは絶対に増えていたので、体重が少しづつ落ちたのは驚きでした。

専門家ではないので、何故なのかはわかりません。

日頃の2、3時間の睡眠時間では、身体を正しくリセットしたり、消化吸収ができてなかったのかもしれません。

副交感神経の作用など、影響が出ていたように思います。

7時間や8時間の睡眠時間で暮らすと、頭も身体も本当の意味でリフレッシュされることが、わかりました。

もう既に日常に戻り、また3時間から4時間の睡眠時間に戻り始めています。

規則正しくハードなスケジュールをこなす為には、定期的な休息日も必要という事がわかりました。

週に一度は日曜の休日を設けるように、現場仕事も工程を組むようにしよう。

そして「7時間寝れる環境を」そう思う今日この頃です。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

こんな記事も書いています↓

via PressSync

投稿者プロフィール

なみのり こうぼう
なみのり こうぼう
1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で23年目の なみのり工房 です。


仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、プロブロガーの立花岳志さんの大阪開催セミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり。ブログを2014年7月からはじめました。


ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら