実は水疱瘡で苦しんでた・・

広告

突然の発熱。

一瞬、コロナか?

と、不安が過った。

出張も多発したし、寝不足も続いたしな。

しゃーないかと、腹を括って隔離されるか。

と、検温すると37.6度ある。

これが4日続いたら、ヤバイねんな。と。

しかし、2日目から全身に赤いプツプツが出て来た。

食欲はあるし、香りも味も分かる。

これってコロナ?これがコロナ?

疑問符だらけなのだ。

身体の節々は痛い。

風邪でよくある症状だ。

それ以外は別に高熱が出るわけでも、咳、クシャミ喉の痛みも無い。

一番恐怖するのは、肺炎なのだ。

これは怖い。

寝ている間に、あっという間に4日間が過ぎた。

5日目の朝に熱が平熱に下がった。

やはり、4日間が一つの目安なのだろうか。

熱が下がったので、近所の掛かりつけのクリニックへ行ってみた。

今は熱のある患者の診察は午前の昼前しかやってないらしい。

しかも、裏口から通されてビニールで仕切りまくられた空間に入れられる。

診断はやはり水疱瘡だった。

熱が下がっているので、コロナの可能性があったかは、測定不可と言われた。

しかし、来る患者さんが怖かった。

熱があって、マスクして赤い顔して、咳き込んで来るのだ。

それだけで、もう結構ですと言って外へ出たかった。

それくらい院内は凄い状態に思った。

テレビなどで言っている、医療に従事されてる方の大変さが、思い知れた日だった。

via PressSync

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら