何故か熊野古道・・

広告

只今、娘が東京から帰省中なのだ。

コロナ禍もあり、長期滞在中なのだ。

もう1月半くらいになるかな。

ずっと、「熊野へ行きたい」と言われてた。

まあ、仕事も一段落してるし、行ってみるかということに。

天気予報は晴れだった。

早朝出発時も晴れてた。

しかし、この娘は強烈な雨女なのだ。

山越え谷越えて走っていると、お約束の雨がポツポツとフロントガラスに落ちて来た。

考えられんけど、やっぱり降ったな。、と。

2人で呪いながら楽しく到着。

今日は道の駅でちょっと買い出しして、何処かでラーメンでも作るか?

という、ちょいハイキング的な企画なのだ。

しかし、生憎の雨が本降りに。

ちょい登山中は小雨だったのだが、昼飯時に本降りとは。

しかし、雨女のタタリだげの話なので、「ちょっと待ったら上がるで」とカフェでひと息する脳天気親子。

昨夜から作ったシャケおにぎりと即席ラーメン。

緑の中の屋外で食べると美味いこと。

まあ、ちょい登山とラーメンも食べたし、ゆるりと帰路へ。

帰ってからは、これも娘の要望で近所の居酒屋で息子も参戦しての夕食。

そんないつもの行き当たりばったりな旅の1日でございました。

via PressSync

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら