予想通り年末までの現場仕事が重なり出した日・・

広告

盆明けから始まった現場も佳境の今日、年末までの仕事がほぼフィックスされた。

暗礁に乗り上げている、地方の出張仕事と次の仕事のため、設計さんが大阪まで打合せに来たのだ。

今年の残り2ヶ月半ほどで、現場仕事を4つから5つくらいはこなさないといけないようだ。

今日、突然夕方打合せ出来ませんか?

と、連絡が入りほぼ決定した。

そのうちの1件は年を跨ぐ。

来年の1月末までだ。

一人親方にとって、年を跨ぐ現場仕事は、仕事的には心が落ち着く。

年始で仕事が無いと不安が生じるからだ。

そんな思いは過去何度もしてきた。

そういう意味では有難いが、2ヶ月半で5件の現場はややハードなのだ。

できれば1つくらい断りたい気持ちがあるくらいだ。

どれも1ヶ月半という工期が掛かる長丁場で、土日しか作業が出来ない仕事ご大半なのだ。

土日だけの現場が3つ以上重なると、同時に動く部隊を作るのは困難なのだ。

3部隊を作るほどの人材がいないのだ。

ちょっと不安が過ぎる。

ま、仕事がたくさんあるということは、嬉しいがちょっとバタバタし過ぎそうだ。

休日も無くなるしな。

そんな諸々が決まり出した今日なのだ。

via PressSync

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら