日常に戻った金曜日は暑い!・・

広告

昨日の午後に大阪へ帰って来た。

7月28日の日曜日からの北海道の旅。

楽しかったがあっという間に終わった気もする。

ま、楽しい、嬉しい事は直ぐに過ぎ去って行くものだ。

しかも、記憶にさほど残らないところが、「年取ったなぁ」と思わざるを得んところだ。

毎日がハッピーで、やりたいことだけで時間が流れてくれていたらいいのだが。

そればかりでは無いのが現実だ。

とは言え、嫌いな事をやってるというという気持ちは全く無いのだが。

やらされてる感も最近では無くなった気がする。

100%ではないのだけれどな。

ほぼ、自分のペースでで仕事が出来て来たかな?

と、いう現在進行中の途中経過だが。

出来れば、この先も自分のペースで仕事が出来れば良いと思ってる。

北海道は意に反して、暑かったのだが、今日の大阪はもっと暑かった。

屋外では、立ってるだけで汗が噴き出して来た。

汗かきの暑がりなのだが、夏は好きだ。

あ、そうそう北海道が何故か何処へ行っても長閑に感じたのは、セミが鳴いてなかったからだということに気付いた。

大阪を出るときは電柱にまで停まっていたセミ。

北海道では、あまりその声を聞かなかった。

また大阪に帰り、早朝からセミの合唱を聴くのも、夏の風物詩なのだなと大阪を離れてみてわかった。

そして北海道は人も車も圧倒的に少ない。

真っ直ぐな道に車が見えないのだ。

梅田や難波などとは、圧倒的に違いすぎる・・

だからまた来たい場所になるのだ。

そんな思いに浸った、カンカン照りの金曜日なのだ。

via PressSync

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら