今日は今年初のサーヒン・・

広告

やっと今年初の波乗りへ行けた。

台風5号が去っての置き土産の波が、なんとか残った和歌山磯ノ浦。

先週末から台風のウネリが入って来て、雨の金曜日の19日の朝が良かった。

面ツルで綺麗にムネ以上の波が割れてた。

名古屋打合せで工程表書くのに追われてた日だった。

あんなに綺麗に波が崩れて行く磯ノ浦の波には乗ったことがない。

くらい綺麗な波が来てた。

これは絶対に波が残ってるうちに行かねばと思い、今日に至った。

昨夜は夜勤で就寝が5時頃となった。

寝ずに行くべきか、ちょっと寝てから行くか?

と悩んだが、体力温存のために寝てしまった。

ら、寝坊した。

寝坊と言っても、9時過ぎだった。

今夜は友人の帰国飲み会があるのだ。

それも早めの16時からなのだ。

普通ならこの時間に海に行くならば、夕方を選択した方が波は良いのだが。

飲み会の時間を考えて、昼に到着して2時間勝負となった。

さて波は?

セットでムネの予報だった。

確かにそれくらいはあった。

が、人は多いし、風が入ってあの面ツル綺麗なブレイクからは程遠い波だった。

暫くGoProで撮影したりしてた。

そしていざ、今年初のサーヒンへ。

海水温はもうじゅうぶんに暖かかった。

セット間も長く、アウトへ出るのはハードではなかった。

しかし、なかなか割れづらい波なので、インサイトの波狙いで入ってた。

テイクオフすると乗り易くはある波だった。

そして、あっという間の2時間が過ぎた。

いつものように「あと一本乗ったら上がろ」が30分以上続いた。

そして、15時半過ぎに脱水。

そこからダッシュで家路へ向かった。

1時間半近くの遅刻で飲み会合流。

楽しい面子が揃ってた。

そこから飲めや歌えやのいつもの楽しいひと時だった。

そして、ずっと眠たかった1日は、無事終わったのであった。

via PressSync

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら