2か月ほどブログを休んでました。ブログを統合してから初の投稿

広告

こちらの「なみのりこうぼう」のブログはどれくらい振りなのだろうか?

それくらい休んでました。

月1のブログレッスンにも参加できずの日々が続き、ブログと向き合う時間を失ってました。

しかし、その間もブログの個人レッスンを受けて、ブログの統合などをしてもらってました。

しかし、それでも向き合う事ができずにいましたが、ちょっと余裕ができて来たので、久しぶりの投稿です。

仕事に忙殺され過ぎてブログが書けませんでした(言いわけその1)

そう、ブログを書くことに少しづつ自分の中に、ハードルを上げてしまう何かができてしまいました。

波乗りに行ったらそれをこちらへアップしていたのですが、それも滞ってしまう有り様でした。

何がそうさせるのか?

それはブログに覚めてしまったのか、単なるサボりなのか、はたまた書く気力が湧いて来ないほど疲弊してしまっているのか?

う〜ん、これはちょっとづつ、それなりの要素は含んでいそうですが・・笑

多分、三つ目の気力が湧かないほどの疲弊ということにしておきましょう。

確かに仕事が繁忙期で、しかも出張や休日限定の仕事が入って、気持ちが「もの書きモード」にスイッチが入らないでいました。

1年半ほど前からクローズなブログを開設していた

言いわけその1の、仕事が忙しくなるとブログ更新が滞る事については、自分の中では嫌な事の一つでした。

何が嫌かと言えば、自然消滅的にブログをフェードアウトしてしまう事が嫌でした。今も嫌ですが。

その更新が長期に渡り滞ってしまって、ブログを忘れ去る事が嫌?怖い?

そんな感覚でした。

自分の日常を殴り書きできるようなブログサイトを、こんな時こそ「ブログのお師匠様」に開設して貰おうとお願いした次第でございます。

自分だけのクローズな世界で書く事の是非は?

ブロガー仲間が、一言だけでも自分を全部さらけ出すようなブログを書き始められました。

それを切っ掛けに「おお、なんかええな」と思い、自分には書けるのか?と思いながらも気楽に先ずは始めました。

自分にとって、クローズな自分だけしか見る事のない世界で、書き続ける事の意味はあるのか?

などとも思いましたが、取り敢えずやってみようではないかと始めてみたら、これがハマりました。

誰に見られるわけでもないので、自分の言葉で殴り書きできて、今の気持ちを書ける気楽さ。

日記と同じような感覚で書けるのが、予想以上に楽しく感じました。

そんな楽しいブログも暫く途切れてました。

途切れるだけでなく、夜に参加してたブログレッスンやら、飲み会やら全部不参加な日々が続くと、心が渇いてました。

ブログを更新していないという、自分に対する罪悪感的なものも出て来るし・・

そんなこんなで、またボチボチと自分の言葉で書いていこうと思う、今日この頃でございます。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

via PressSync

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら