ワールドカップでまた寝不足の日々・・

広告

ワールドカップロシア大会が開幕してから、どうしても寝不足が続く。

ワールドカップとなると周りのサッカー熱も急に上がり出す。

やはりJリーグとは違う。

なぜワールドカップサッカーと言わないのか?

昔はワールドカップと言えばサッカーという自分の思い込みがずっとある。

その昔、俺自身サッカー少年だった。

中学生時代やけどね。

その時代は、まだサッカーなんて誰も見向きもしない時代。

日本はまだプロなんて誰ひとりとしておらん。

社会人リーグしかない。

ワールドカップとの出会いは1978年大会に遡る。

その頃はまだ、衛星放送もたまにNHKやってるくらいだった。はず。

海外の試合なので、夜中にやってたんでしょうが、まだチビ助だった俺はその頃は寝てたんだと思う。

サッカーを始めてチームのみんなと土曜日の夕方にやってたテレビ番組をよく見てた。

ダイヤモンドサッカー?かそんな名前の番組だっと記憶している。

そこでは、ワールドカップ、海外のセリエAやプレミアリーグなど、普段目にすることのないプレーが見れた。

確かサンテレビ系だったので、映りは悪かった。

砂の嵐が入っていて、見にくかった記憶がある。

その番組でワールドカップを知った。

1978年アルゼンチン大会だ。

決勝はオランダと母国開催のアルゼンチン。

当時のアルゼンチンのエースストライカーはマリオ・ケンペスだった。

ロン毛振り乱してゴールを狙う強靭な姿は「日本と全然ちがう・・」と呆気にとられたのを覚えている。

まだ、マラドーナもユースでも登場していない時代だったと思う。

それから8年後、あの5人抜きと神の手が生まれた。

日本はまだ予選すら勝てない時代。

あれから40年。

日本も世界と戦えるチームとなっている。

どうしても興奮してしまう。

via PressSync

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら