地震がくれた貴重な時間・・

広告

一昨日の地震で現場が作業中止命令が出て、昨日は現場空けだった。

ゼネコンさんと同時進行な現場仕事なので、ゼネコンさんの規定に基づいて動いている。

地震などの災害が起きたら、先ずは復旧作業などが優先となるようだ。

それと、躯体、構造に異常が無いか、専門の構造設計士が確認に来るようだ。

工期が少ない、工程的に苦しい現場なので、現場に入れないと、もっと工期が切迫する。

それでも、もう一つ抱えている仕事に注力できたので、とりあえずは良しとしよう。

どうしても、現場が動いていると、そちらがメインになり、そして常駐しているので、1日がそれで終わってしまうことになる。

両方がバランス良く動けばいいのだが、偏ってしまいがちだ。

これが少々ストレスになっている。

いや、かなりかもしれないり

いつもスッキリしないというか、片方が順調に行っていると感じる1日でも、裏でもう片方が疎かに1日が終わるパターン。

この2日間は強制的に1つがクローズされたので、結果的にはもう片方の仕事に集中できた。

そして、もう一つの仕事は自分で全て請け負っている仕事なので、やはり集中する度合いが違う。

自分で稼いでいる感が上がるからか?

どちらにしても、地震により怖い目にもあったが、この2日を与えてくれたことは助かった時間となった。

たまには、強制的に軌道修正することも必要だと再認識できた1日だった。

via PressSync

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら