初の湘南サーフィンへ行って来ました【2019年11月9日鵠沼海岸サーフィン2日間】

広告

いつ頃からなのだろうか?

ずっと「いつかは湘南で波乗りを」と思い続けてどれくらい経つのだろうか?

そう思い続けて来たことが叶う日が突然やって来ました。

2019年11月8日の金曜日に突然、仕事の打合せの予定が東京で入ました。

どうせ行くなら土曜日、日曜日と波乗りを湘南でということになりました。

そんな湘南、鵠沼サーフィン旅行記です。

東京での打合せが突然のサーフトリップに

金曜日の夕方に東京で大阪の案件の打合せをしに行くことに決まったので、早朝に車で東京へ向かうことに。

ならば相方さんも連れて行くか?

と、「明日東京で打合せの後に湘南行くけど、一緒に行く?」

と聞いてみれば、行く気満々の返答があり。

そうと決まれば、金曜の夜からフリータイムを楽しもうということになりました。

「よし!初の湘南サーフィンをしよう!!」

と、テンション高めで先ずは仮眠。

そこから仕事も追い込み、結局夜中の2時まで掛かって、5時前に出発。

9時間ちょっとの移動時間で、13時過ぎに皇居の前のホテルにチェックイン。

それからホテルでランチして、ちょい仮眠。

仕事の方は無事16時からの打合せを終え、ちょっとお酒を飲んで解散。

そこから娘と相方さんと三軒茶屋で合流。

夕食食べて、1日が終了〜

ホテルへ帰って風呂に入って、ホッコリして、明日の初の湘南サーフィンに、ワクワクが止まらないまま夢の中へ。

東京滞在2日目と初の湘南サーフィンの日

2日目の朝は計画通りの、皇居朝ランが出来た。

こちらも人生初の皇居ラン。

1周5kmあるらしい。

日頃走ってなかったので、いきなり5kmは大丈夫か?

と、不安が過ぎりながらも、どこも痛くならずに無事完走。

ペースもまあまあでしたが、走ってる人達はペースが早かった。

普段は1人で家の近所を走ってるので、追い抜かれることが少ないので、そう感じたのだろうけどな。

気持ち良く走れました。

翌日の天皇御ご即位パレードがあるようなので、そのための警備が凄かった。

そして、ホテルで朝食を摂り、娘と合流するために迎えに行きました。

そこから何故か小田原まで中華のランチを食べに行った。

娘が1度行って美味かったらしいので、行ってみようと車を走らせ、13時ちょっと過ぎに到着。

昼は予約が出来ないようですが、時間をちょっとずらしたので、直ぐに座れました。

コース料理でひとつひとつが丁寧に作られて、美味しかった。

結構お腹いっぱいになりました。

駐車場も3台停めれる、こじんまりとした店舗でした。

そして本日宿泊先の湘南へ向かいました。

ここからがこの仕事を絡めた旅の本題なのだ。

鵠沼海岸沿いへ向け出発。

15時前に海岸沿いのホテルの駐車場へ到着。

直ぐに波チェック。

娘と相方さんは先にホテルへ歩いてチェックインを済ませ、近所の探索へ。

自転車もホテルで貸してくれたようだ。

そして待望の人生初の湘南サーフィン。

肝心の波の方は、コシからハラsetムネくらいでした。

速攻着替えて、引地川河口付近のグーフィが割れてるところで入水。

入水して即の感想は、「ええ出汁出てるやん?」

なぜか瞬時にそう思いました。

海水が魚介類の匂いを放ってるんですね。

この匂いは今まで行った海岸では無かった匂いで、暫く風に乗ってやって来る香りに浸ってました。

波はちょっと割れにくい、ワイドなダンパーな波が、セット間若干長く入って来てます。

サイズはちょうど良いのですが、テイクオフが下手なワタシには乗り難い波でした。

今年初のフルスーツ着てのサーフィンは水温もまだ暖かく、寒く無く日没後までの2時間を楽しみました。

そして、明日朝からのサーフィンに期待が膨らみ、初日の波乗りは終了です。

夜はロブスター屋でごはん。

夜は波乗りしてる間に近所を探索してた相方さんと娘とロブスターの店へ。

ロブスターは食べませんでしたが・・

藤沢駅まで送って、本日を終了。

人生初の湘南サーフィンだった日の晩ごはんのエビ食べて、娘を藤沢駅まで見送りました。

そして、鵠沼海岸沿いにあるホテルで1泊。

初の湘南サーフィン1日目が無事終了しました。

湘南サーフィン2日目

車移動の疲れが出たのか、少々寝坊気味の朝を迎えました。

一夜明けてこの街が、リゾート感溢れる街なのかがわかった気がしました。

ホテルで自転車借りて海岸へ波チェック。

昨日と同じくらいのコシからモモくらいの波は残ってました。

ちょっと朝の海岸の雰囲気を味わいながら、散歩して写真撮ってました。

今日は行くところもたくさんあるので、気を取り直してホテルへ戻り、着替えて2日目サーフィンへGO!

海までウェット着て、自転車でボード抱えて3分ほどでした。

どんだけええ環境やねん!と思いながらペダル漕いでると、自転車で続々とサーファーがやって来る。

このシチュエーションが羨ましい・・

そして大会もあって、メインは駄々混みなので昨日と同じ、引地川河口で入りました。

水温も暖かく、天気も快晴で良し。

富士山も見えて最高のロケーションなのだ。

海岸からは左に江ノ島、右に富士山という贅沢な眺めです。

相変わらず人が多い。

しかし、海も海岸線の町も穏やかな時間が流れてて心地良い。

この感じは何かに似てるな?

と、考えてたら公園に近いのだ。

サーファーだけでなく、犬の散歩の人もいれば、ランニングしてる人もたくさん来てる。

確かに遊具や芝生もある。

施設も充実してます。

そこに良い波が立つ海があるのだ。

贅沢な場所で羨ましい。

日曜日ということもあり、砂浜の階段上になった場所で、往年の先輩達が日向ぼっこしながらサーフィンを見ておられる。

その時間がゆっくりと心地良く流れてる気がしました。

そんな楽しい湘南2日目朝のサーフィンでした。

ホテルをチェックアウトして鎌倉観光へ

朝から鵠沼海岸でサーフィンして、ホテルをチェックアウトして、電車で鎌倉へ出掛けた。

ホテルは良心的で、夕方まで車を停めていて良いですよと、心良く言ってくれた。

おまけに駅まで車で送って下さった。

ありがたい。

さて、鎌倉へは今年何回来たかな?

これで3回目か?

それくらい好きなところでもあるのだ。

海岸線沿いを歩くのが好きなのです。

江ノ電も好きです。

江ノ島から鎌倉まで江ノ電に乗って向かいました。、

いつもの満員状態の電車だ。

ちょうど12時に鎌倉駅に到着。

そこから鶴岡八幡宮へ。

表参道沿いをトロトロ歩いて、たくさんの店舗を見て歩きました。

海上りなので、お腹も空いて来た。

途中、鎌倉コロッケを食べながら歩いてました。

参拝してまた鎌倉駅まで戻る途中のカフェで昼食。

タピオカまで飲んでしまってました。

江ノ電沿いの海岸を歩いて海を見て歩く

稲村ヶ崎で途中下車。

そこから鎌倉高校前駅まで歩きました。

西陽が暑かったです。

途中の七里ヶ浜でサーフィンのロングボードの大会をやってました。

そして、レストランのパーキングでフリマをやってて、盛り上がってて、その空気感がまた良し。

ここも海沿いの町のゆるりとして、マッタリと時間が流れてました。

そして、波に未練を残しながら、鵠沼のホテルへと車を取りに戻りました。

駐車させてもらってたお礼を言って、辻堂のT-SITEに寄って、家路へと向かいました。

まとめ

鵠沼海岸はホームの磯ノ浦に負けず劣らずの人の多さでした。

2日目は相方さんが引地川河口の波止場から撮影してくれていたようです。

いつも見ている波情報にその姿は映ってました。

しかし、折角の動画も写真も全くの別人を撮っていたようです。

そりゃ、どれが自分の旦那かなんて、あの人数と同じ色のボードとウエット着てたら分からんですわなぁ。残念!

そして肝心のサーフィンはと言うと、ほとんど上手いサーファーのお兄さん達に波を取られてました。

2時間づつくらいしか海に入れなかった中で、しっかり乗れたのは2本ほどでした。

もっとゆっくりと長時間海に入って居たかったというのが本音ですかね。

弾丸ツアーでやって来た2日間があっという間に過ぎ去りました。

楽しい楽しい、人生初の湘南サーフィンでした。

ありがとうございました。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

関連記事

via PressSync

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら