仕事の前にもう一つの大きな仕事をやった感が心地よい。朝のブログ更新で得られること

朝にブログを書くことは、始めた頃からの課題というよりは、夢でした。

仕事で寝不足が当たり前の生活の中で、ブログを書くなんて自分に出来るのか?

これが始めた頃の不安と、気持ちが向かっていかなかった理由だったように思います。

そして最近は拘り過ぎて、素直に始められない自分に気付きました。

疲弊した夜にブログの時間を設定するより、朝の清々しい頭で書いた方が良いことはわかっていました。

ブログ仲間も朝に更新してメキメキとブログ筋を付けていました。

わかっちゃいるけど、それができずモガき続ける日々。

ブログを書き出すキッカケと習慣化するにはどうすれば良いのか?など難しく考えすぎていました。

それが朝にブログを書くようになって、それも朝一番に書く行為が良いサイクルになっています。

朝のブログ更新によって、夜の帰宅後に「ねばならない」ことが無くなったということ。

言わば「ブログを書かねば」という義務感のような、ある意味強迫観念のに似たものから解放されました。

この「ねばならないこと」が一つ減ると、何か違うものを足せます。

実際にはランニングなど、できなくなったこともあるので、心中穏やかとは言い難いこともあります。

今はタスクをひとつマイナスして、ひとつプラスするトレードオフで、ブログを優先しています。

そして、いまの環境は電車通勤だからできていることでもあります。

今の仕事が終わると、電車通勤が無くなり、また習慣化が崩れ去るという、不安もあります。

今は仕事の前にブログを書き、仕事に集中して働き、残業しても帰宅後はもうマッタリと過ごせます。

これは集中する時間がハッキリと区切られて、良い習慣であると実感しています。

夜の帰宅後は「時間が無い」という環境ではありません。

時間がなければ、無理して夜中でも睡眠時間を削って書くこともできます。

ところが出勤前をブログの時間にしてしまうと、時間が限られます。

通勤時間中の電車内で更新しなければ。

と、切迫するこの環境が良いようです。短期間で集中できています。

今はとにかく朝に書くという習慣を定着させること。

朝ブログを書いて、仕事して、帰宅後に滞ってしまったランニングを復活。

そして決して今は早寝ではないが、早起きをする。また一日が始まる。などと妄想してみたり。

こうして書いてしまうと、なんと単調なことか。

ただ、夜にブログ更新すると途端に頭がスッキリしてしまい、そのまま寝てしまうのが、勿体無く思い、結局夜更かしの日々。

この、悪循環を今のところは断てています。

とは言え自分にとって、上質な習慣を作ることの難しさ。

習慣化できるには、まだ先は長そうに思う今日この頃です。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

via PressSync

投稿者プロフィール

なみのり こうぼう
なみのり こうぼう
1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で23年目の なみのり工房 です。


仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、プロブロガーの立花岳志さんの大阪開催セミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり。ブログを2014年7月からはじめました。


ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら