iPhoneアプリ「Taskuma」さんで変わったのは「時間の余裕」を実感できたこと。書いています。

2016年5月18日(水)アイキャッチ画像

「たすくまさん」をもっと活用してみようと思い、なんちゃってではありますが色々と試行錯誤しています。

使い方、セオリーは色々あると思いますが、とりあえず自分流でもよいのでやってみようと思いタスクリスト作りに日々奮闘しています。

何かが少しづつではありますが、変わってきたと思う気付き書いています。

少し成果が現れたと思うエントリーがこちらです。↓

 

なぜ、今になってやってみようと思ったのか?

 

「たすくまさん」はアプリの中では高額なアプリとワタシは認識しています。

せっかくiPhoneに入っているのに活用しないのは、「何か違う」という気持ちから始まりました。

ワタシの場合、仕事もプライベートも全てのタスクをごちゃ混ぜで管理しています。

仕事、プライベート、ルーティンタスクも何でも入っています。

使い始めた頃はログ取りに必死になっていました。

追い回されているような感覚で、焦燥感も少しあり、正直違和感を感じる部分もありました。

使っているうちに、メモもタスクに書き入れるところがあるので、そのタスク進行中にメモを書き残しておくなど、色々できることに気付き、楽しさが増してきました。

シンプルに「たすくまさん」だけで、できることはたくさんあるのでは?

 

と思うようになったことから、始まりました。

時間の管理だけでななく、過去ログなどもあり、自分が何月何日に何をしていたか?などの振り返りもIPhone上でできる面白さもあります。

何より、なんちゃってであろうが、我流あるいは使い方が間違っていようとも、時間に余裕が持てる、脳みその消費を抑えられるのであれば、「問題なし!」と思い続けております。

自分流、毎日タスクリストを作るということは、ただ漠然と1日が始まるのとでは、まったく違うことに気付かされました。

これは、毎日のコツコツした作業の積み重ねでちょっと先の自分に期待や楽しみが湧いてきました。

どうなるかは別として、楽しみながら日々使っております。

まとめ

 

時間は有限でうっかりしていたら、すぐに過ぎ去り無くなってしまいます。

ここぞという「タスクリスト」は夜寝る前に作っています。

今は何でもタスクリストに詰め込みすぎている状態なので、全てが消化されることはまずありません。

その場合は午後からの緊急でないタスクをカレンダーから未来タスクで明日へ変更しています。

夜に考えて立てた翌日の予定をタスクリストに詰め込んでおく。という作業は、次の日の朝から違いが現れます。

それは、午前中の仕事やルーティンタスクを意欲的に取組んでいけることが、心地よいこと。

今のところ、これに尽きます。

夜寝る前に1時間ほど費やすこともありますが、翌日は違いを実感できて価値はあると思っています。

おかげでちょっと時間に余裕が持てるようになった今日この頃です。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

こんな記事も書いてます。↓

 

投稿者プロフィール

なみのり こうぼう
なみのり こうぼう
1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で23年目の なみのり工房 です。


仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、プロブロガーの立花岳志さんの大阪開催セミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり。ブログを2014年7月からはじめました。


ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら