まん防発令中でもオッサンとオバサンはソフトボールで勝負する・・

コロナウィルス感染もどこまで行くのやら・・

大阪では感染者が1000人を大きく超えて、3度目の緊急事態宣言を出そうと模索してるようだ。

しかも、1回目のように休業する施設等も出そうな勢いだ。

どこまで続くのやら・・

そんな渦中の折ではあるのだが、オッサンとオバサンは今週も遊ぶ気満々な休日を過ごした。

先週は寺院巡りの旅行へ行って来た。

今週は春と秋に行う、年2回のソフトボール大会を強行した。

去年の春はやむを得ず中止になった。

今年も世間の空気感からすると「中止かなぁ?」というノリではあった。

先週の旅行の帰り際では、次週は雨の予報。

雨やったらしゃーないな。

と、諦めも納得できるのだ。

しかし、毎年、毎回グランドを予約してくれているメンバーが居るのだ。

抽選なので、毎回執り行われるとは限らない。

チャンスがある限り、身体が動く限り皆んなで楽しく走り回りたいのだ。

それはメンバー全員の願いでもある。

何年も会わない同窓生同士もいるだろう。

我々はちょっと多過ぎない?

と言うとほどに頻繁に会ってる気もする。

しかし、飽きる事無く、会えば会うほどに楽しい企画を立ててしまうのだが。

ゴルフに飲み会、バーベキューに旅行などなど、楽しい事に際限は無い。

今回のソフトボールも雨の降る日が1日早まったのだ。

土曜日に雨が降り、日曜日には上がった。

途中、少しパラついたが直ぐに上がった。

ここぞとばかりにオッサン、オバサンは走り回った。

打撃戦となり、終わってみれば22対21で我々のチームが勝った。

小学校2校が一つになる中学生時代の、同級生同士で小学校時代の学校に2校に別れての対抗戦なのだ。

バスケかアメフトのような得点の試合となった。

その後の貸切の飲み会も開催された。

時短営業のため、早々にお開きで飲み過ぎることもなく、食べ過ぎることも無いのだ。

いつもなら夜遅くに帰宅して、酔っ払ったまま風呂に入り、意識の朦朧とした中での就寝。

しかし、今回は帰宅後もいつに無く覚醒したまま、ちょっとくつろぐ時間もあるのだ。

打って走って守って、はしゃぎ疲れた1日を噛み締める時間も持てた。

家族のコロナに対する我々の行動は、厳しい目で見られてる。

しかし、それを強行する限り、それなりに皆んな努力は日々しているのだ。

いつ終わるともわからん、コロナウィルスとの戦い。

後ろ指刺され組にならず、刺され続けても健康を維持しながら楽しみたいと思う、今日この頃なのだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら