八方塞がりな現場になってしまった・・

広告

久しぶりひ現場でハマってる。

今日で全てが決まり、直ぐに発注したらなんとかギリギリ間に合うかも?

という、希望的観測をみんなで立てていた。

が、打合せでは内容が増えてる上に、まだ決まらんことが多々あった。

何を考えてるのやら・・

そして作業中の現場からは、営業しながらの工事なので、音出しのクレームが入った。

10時から15時までが、音出し可能と条件を付けられた。

今更なんで?とも思うが。

全ては甘い最初の計画にあると思う。

説明が十分で無かったのだろう。

既に八方塞がりのような、仕事になりつつある。

物を作り、仕上げて行くという過程からは、大きく外れてる気がする。

これはその会社のいつからか染み付いた体質のように思える。

毎回こんなことをしてるのかい?

と思う事と、こんな事毎度毎度やってたら、現場監督は早死にするぞ!

と、今の現場の総監督も、申しておりました。

この先が思いやられる、THE DAYになってしまった・・

via PressSync

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら