個人事業主にとって辛い時期・・

広告

個人事業主なので、営業してくれる人がいるわけではありません。

何から何まで、ほぼ1人でやってます。

現場の仕事は殆どご外注さんに任せてますが。

自分がやってる仕事で、期間の長い現場仕事が、終わりに差し掛かる時が1番ややこしい時期になる。

検査もあれば、提出書類の作成、是正工事とやる事はある。

しかし、余程の大きな問題が無い限り、切羽詰まる事は無く、穏やかな時間の流れの中で粛々と終わって行くものだ。

そんな期間中に次の打合せなどの予定を入れまくってしまう。

この仕事が終わってやれやれちょっと一息入れたいご、次の仕事ぎ決まってない!

では、この何ヶ月間頑張って来たことが、水の泡となってしまう。

次の仕事を取るための、見積り作業などもどんどん入ってくる。

この一息つくところと、バタバタの境界がたいご、無いところに腹が立つ。

もう少し余裕のあるスケジュールを組みたいのだが、この業界はなかなか決まらず、決まったら直ぐに。

という、風潮がずっとある。

何とかして欲しいものだが、それを願っていても変わらん業界だ。

こちらから違ったことを仕掛けて行かない限り。

そろそろその仕掛けを、して行きたい気持ちでいっぱいになって来た。

via PressSync

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら