狭小建築工事現場との同時進行現場事情

広告

現在進行形の仕事は狭く、仕事のし難い立地に建っている。

そして、建築屋さんと内装工事と同時進行での現場仕事だ。

建築屋さんの資材のバラシ、搬出の段取りによってこちらの状況の変化が激しい。

職人任せの部分も多く、やりたい放題なところは否めない。

こんな現場では、職人同士のイザコザがよくある。

本当なら建築工事が落ち着くまで、入るのを見送りたいところだ。

しかし、これから梅雨の雨や諸事情でまた遅れる可能性が秘めている。

ここはグッと堪えて、日進月歩か?

via PressSync

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら