ながらワールドカップで仕事する夜

広告

どうせテレビつけたまま、ながらワールドカップするのなら、仕事も一緒にやっつけてしまおう。

と、思うくらい集中して見ているんだなと感心してしまう。

特に日本戦はいつの間にか興奮してしまってる。

無意識で応援してしまっているのだ。

夜中でも良いカードはついつい見てしまう。

が、予選リーグやし、ほぼ決勝リーグは間違いないチームの試合は、とりあえず「ながら観戦」になる。

それでも好カードの試合は、気付いたら見入っている時も多々ある。

そんな時は溜まった経費や、書類整理なんかも同時にやってる。

サッカーをここまで真剣に観るのは.多分4年に1回なのだろう。

こうなったら、決勝までこんな生活を続けてやろうではないか。

と、思える熱い夜が歯がゆくもあり、嬉しくもある時間。

via PressSync

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら