書かない方が良さげなことだけど書く・・

広告

この記事を読む人によっては、書いてはいけない記事なんだろうな。

と、思いつつも、とにかく言いたいブログだから書いときます。

現場話しだから多分、誰も興味無いと思うし。

読んで「これはあかんやろ」となれば消せばいい。

あまりにも、設計さんの対応の悪さからか、急に設備の変更を言い渡された。

というお話し。

とは言え、私とは別途業者の電気屋さん絡みのことだ。

ここ10日間くらいで、一生懸命に吊った照明器具取付用のボルトを「照明を直付に変えるから外して欲しい」と連結があったらしい。

それも土曜日の夜中にメールで。

予算が無いから少しでも、安く抑えるためらしい。

が、今更やり直しても、その材料費と人件費はどうすんの?

となるのだけどね。

電気屋さんの泣き寝入りではないにしても、余計にお金がかかることくらい、そんなこともわからんのだろうか?

ただでさえ、建築工事と同時進行なので、進め難い現場なのだ。

それを進めたいのに、建築工事ができるまで待ってたのに。

さあ、GOとなったら変更って。

遅すぎるよね。

自分にお金が絡まなければ、なんでもありかい!

と、最近こんな設計さんが増えたなと感じる。

電気屋さんは、せっかく持ってきた材料を、全部引き揚げて去って行かれました。

もっと真摯に考えて欲しいと思います。

via PressSync

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら