人間って自分の中から答えを見つけようとする生き物なのかな?

広告

俺は今こうしたいのだが、本当はどうなんだ?

自分で決めたことだし、人に吐いてしまってるし。

しかし、なんか違う。

なんかシックリこんがな。

など、迷い悩みは、自分の中の迷路で夥しく活動しまくってる時がある。

なんか最近そんな気持ちがあって、モヤモヤしてた。

今日は朝から自由な日曜日だった。

久しぶりに自分と向き合う時間が持てた。

アイデア5分とひとり会議という、自分の中身を書き出す事をしていた。

それを暫くしてなかった。

仕事の忙しさに流されて、遠ざかってた。

正確には1月27日を最後にしてなかった。

今年の初め頃からやってなかった。

昔は毎朝やってたが、日課を週間に変えた。

それから先送りが多くなってしまってた。

今朝久しぶりにやってみたら、なんと結構自分の頭の中が、まとまってくるではないか。

振り返りとちょっと先の事が、どんどん出てきた。

自分の悩み、迷いは自分の中から、打開策を見つけ出すものなのだ。

と、改めて自分を見つめる時間を持つ大切さがわかった。

単純な事だから、スルーしてしまったり、また明日にと先送りすると、思考も行動も停滞してる部分が出て来るようだ。

最低でも週一でやる事が、1週間の活動を楽しく、楽にするようだ。

週次レビュー、週次スタートという行為らしいが、単純だけど必要な時間だ。

朝の30分ほどの時間が、有意義な自分を作るようだ。

via PressSync

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら