地道な墨出し作業・・

広告

地味に考える作業がある。

設計図を区画内の土間に墨つぼで、線を引いていく。

言わば設計図を原寸大で描いていく。

これが無ければ、現場では誰も仕事が進まない。

これに従い、壁を作ったり、天井作ったり。

家具もこの現場寸法無しでは、どれかの寸法を待ちにして、その部分だけを寸法が出てから作るなど。

色々あるのが現場だ。

図面を読み込み、頭に叩き込んで理解して行く楽しさはある。

だから、ハードな仕事だが飽きないのだろう。

しかし早よ寸法決めてくれよ。

via PressSync

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら