現場の掛け持ちは実は辛い!かも・・

広告

色々と話は持ち上がってた案件がここに来て決まり出して来た。

この残りほぼ1ヶ月半ほどの期間で色々とある。

こんな切羽詰まった時期にとは毎回思うが、今回はまた地方の仕事まで出てきてる。

身体ひとつなので、どう振り分けるのか?

などを考えてたら頭痛なるし。

かと言って現在進行形の仕事もこなさないとアウトなのだ。

ま、いつものことなのだが、年末の飲み会、忘年会などに出席できないのは、ちと辛いな。

年に1回くらいしか会わない顔もある。

ま、しゃーないことやけど。

自分で選んでるからね。

しかし、1人で何もかもやること自体が、その時点で苦しいことではあるのだから。

それを、何回も痛い思い、辛い経験で避けて来たんやから、やって行くしかないんやけどな。

via PressSync

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら