急な打合せで時間を無駄にしてませんか?【現場監督のひとりごと】

広告

11月で今年の現場も単発仕事以外は、ほぼ終了した。

12月からは忘年会が夜な夜な続いだが、仕事関係のそれも終焉。

年末進行もそろそろ佳境の大詰めで、1日が貴重になってくる。

そんなある日の時間狂わせの、ひとりごとです。

世間はもう年末モードに入って、車も混み出してます。

そんな時は極力無駄に動きたくないものです。

移動に時間がかかってしまいます。

電車で移動は混んでても、時間が狂うことは少ないのですが。

だから電車移動で行ける所は、別の話なんだけど。

駅から離れている場所へ行く場合は、車で行くほうが早い時があります。

通常の平日だと30分で行ける所が、年末の掻き入れどきは、1時間ほど掛かってしまいます。

往復2時間は必要なのだ。

打合せ時間を入れると、まあ最低でも3時間コースになってしまう。

半日コースは考えるよね、今の時期。

連休前の年末の残り何日という、限られた時間内にやらなあかん事が、ひしめき合ってます。

できれば、外出は控えたい気持ちなのですが、出掛けねばならない時もある。

気乗りはしませんが・・

夕方に戻らないといけない用事があったので、昼からの内勤を済ませても、14時以降にしか出れない。

が、出たのは15時過ぎ。

やっぱり1時間掛かった。

16時から1時間だけの打合せ。

そこからまた1時間掛けて、中途半端な打合せは終わった。

意味がない。

相手の気持ちもわかる。

製作期間が迫ってるにも関わらず、図面の詳細が決まらない。

工程の仕上げなければならない期限だけでも、現状把握してお互いに共有し、確認したい気持ち。

1時間掛けて図面をパラパラとめくり、時間ないよね〜的な話で終わった。

往復の2時間が有れば、かなりの量の質疑応答書がA4書類に書けたはずだ。

相手を責めるわけではなく、そのコントロールをこちらですべきだったこと。

それをしなかった自分に腹が立つ。

相手は仕事的に、ずっと内勤してる人間なのだ。

年末の交通渋滞事情は頭にない。

スパッと今日は時間無い。

で良かったと思う。

色々と考えを巡らしてくれている、相手に対する感謝の念、遠慮が生んだ気不味い無駄な時間。

お互いに、いや、はっきり言うとこちらは浪費だった。

今日からタスクリストに「今日の浪費は?」と「今日の投資は?」を足してやろうかと思いました。(めんどくさい性格ですが・・)

これは自分に迷いのないように、後悔しないように戒めも込めて、天秤にかけて日夜訓練していくためのものとしたいためです。

こうして文書化すると、相手を責めてるように聞こえますよね。

でもそうではなく、相手はこちらの先を読んで、段取りを組もうとしているのです。

それをのらりくらりと時間が掛かっているので、痺れを切らしたということです。

ワタシの強い味方で時には強力な武器となってくれる存在です。

今回は相手の有難い気持ちに、遠慮と敬意が招いたワタシの選択ミスですね。

「今日は無理。週明けでいい?」で終わらせていれば、3時間が3秒で過ぎ去って行ったことです。

次回からは、こんな思いをせぬよう、自分に仕組みを設けたいと思う、今日この頃でございます。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら