情報発信していると自分の情報がどこかで誰かの目に届いていることを知る【1965年昭和40年に生まれて】

日々の生活の中で、1日を深く刻み込みながら、生きているわけではありません。

毎日の出来事を記憶し、尚且つ「あの日あの時はこうだった」

と何処かの抽斗にでも、仕舞っておければ便利なのか?それとも面倒臭いことなのか?

とか、ふと思いに耽ることがあります。

2日前のお昼に何を食べたかさえ、思い出せないのに。

そう考えるとこうして、SNSやブログなどに記録を残すことも、振り返りを容易にしてくれます。

ワタシの個人の記録として、生年月日が1965年7月1日。

記録が正しければ、昨日で52歳ということになる。

なんと江頭2:50さんと同じ日に生まれていたらしい。

1965年とはどんな時代で、どんなことが流行っていたのか?

前年には東京オリンピックが開催されたくらいは記憶している。

その日が良い天気だったのか、暑い日だったのか。

誕生の瞬間を記憶していたであろう二人も、今はもういない。

毎年やって来るこの日も50を過ぎると、「ああそんな日でしたね」くらいになってしまう。

あっという間に51年が過ぎて行った。

振り返ると、子供3人、孫2人。

一応、足跡は残しているようだ。

そんな今日という節目の日に面白かったことがあった。

昨日の朝から一緒に山で走り回っていた、幼なじみの連中よりも、ネットで繋がった友達からの祝いの言葉に、時代を感じさせられました。

そう幼なじみはワタシが「なみのりこうぼう」なんてことは誰も知らない。笑

情報発信することは、何処かで自分の情報が一人歩きしながら、誰かの目に届いているのだ。

と不思議に思いながらも、嬉しく思う今日この頃です。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

via PressSync

投稿者プロフィール

なみのり こうぼう
なみのり こうぼう
1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で23年目の なみのり工房 です。


仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、プロブロガーの立花岳志さんの大阪開催セミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり。ブログを2014年7月からはじめました。


ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら