自分だけの情報発信する場所があることが嬉しいのはなぜか?

広告

自分の意思、考え、今の気持ち、先のこと、過去のこと・・

思考は尽きることはない。

ずっと何かを考え、思い、悩み、歓喜し、また沈み、苛立ち、寝てまた夢の中。

そんな繰り返しの日常の中で、自分が言葉ではなく、それを整理できる、自分だけの表現できる場所があること。

冷静になれた時、いつもそれに感謝の念を抱いてる。

これを持つ意味、持つ価値は持った者でしか味わえない何かがありそうな気がする。

きっと毎日ブログを書いてる人、情報発信している人は、その価値に気付いているのだと思う。

昼食後に飲む炭酸水を見ていたら、そんな感謝な気持ちが湧いて来た昼休みです。

via PressSync
via PressSync

広告

投稿者プロフィール

なみのり こうぼう
なみのり こうぼう
1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で23年目の なみのり工房 です。


仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、プロブロガーの立花岳志さんの大阪開催セミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり。ブログを2014年7月からはじめました。


ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう