今年の5月11日(火)は結婚から30年経ってた日みたいだ・・

30年前・・そう、あの日な。

もう30年前の話しか・・という想いかな。

そら長男は今年29になったんかな。

年も取るわな。

しかし、あっという間の30年。

振り返ると色々あった30年。

自分もそれなりに変わったが、周りもそれなりに変わったな。

環境も生活も何もかも。

こう振り返ると、日頃は日々少しづつと思ってることも、一気に30年すっ飛ばした記憶となると、ちょっと感慨深いもんもあるな。

近所のピザが旨い店で、相方さんとまあ、ちょっと記念日祝っときますか。

というノリで、歩いて2、3分のところにある家から1番近い店でのひと時を過ごして来た。

ノンアルコールビールのグラス見ながら、ちと思い耽りながら、30年前の記憶を辿ってた。

ピザが旨い店やのに、なんでワイン飲まれへんねん。

と、恨みつらみの籠った目で、ノンアルコールを見ながらの一枚。

さて、色々あった30年に時を戻そう。

そう、30年ほど前。まだ若かったな。

1991年5月11日、平成3年のこの日は土曜日だったようだ。

まだ26歳。20代半ばよ。ピチピチなのである。

まだサラリーマンやったし、その頃は何に夢中やったんやろ?

忘れてしまっているが、そんなに記憶に無いかな。

波乗りも止めてたし。

あぁ〜あの時、酔っ払ってさえなかったらなぁ・・

とか、色々と出て来よる。

1991年と言えばまだ、バブル期の名残りがあった。

そんな時代のような記憶がある。

友達が仕事の同僚と、毎晩遊んでたし騒いでたな。

消えて行った事、人、物も沢山ある。

先ず両親が居なくなったな。

子供もみんな巣立った。

たまに帰って来て、長期滞在しよるけど。今も1人居るな。

昔の仲良く遊んでた友達とも会わなくなって行った。

最後に勤めてた会社も今はもう無い。

結婚して1人目が産まれて直ぐに独立したからな。

何も考えずに会社辞めてた。

もう俺は死んだと思って、商売させてくれへんか。

と、頼み込んだのを憶えてる。

母子家庭になったと思ってさせてくれと。

ほぼそんな母子家庭状態で、家庭を顧みずにバタバタ仕事してたな。

全く儲からんどころか、損ばっかりしてた時期もあった。

よく我慢してここまで着いて来てくれたとは思う。

色々と横道に逸れる事もあったような、無かったような・・

「あたしがあそこでスルーしたったから、今があるねんで」

と、お互いに思い込んでるところが、堰となって来たのだろうと思う。

その堰が切れなかっただけの話なのである。

ま、ダムの水が決壊する寸前の状態が続いても、たまにガス抜きのように、垂れ流せたらハッピーという事なのか・・

そんなことを考えながら、晩飯食べてた。

あの時、もしこやつと結婚してなかったら・・?

と、たまに妄想する時もある。

あの時、あの時間にこうなって無く、あの娘とああなってこうなってたら・・

そうなったら子供は・・?

などと、この30年間で何度か考えたことがあったかな。

ま、取り敢えずこの日で30周年。

という記念日と言うものは、あくまでも通過点に過ぎないと言う事だと知った。

人間30年も経過したら、もっと老けると思ってた。

半分棺桶に足突っ込んでるんとちゃう?

みたいなノリでした。

しかし、去年大型二輪の免許取って、ハーレーも買った。

波乗りにも行く気になったら行けてるのだ。

振り返って「嗚呼、あの時は・・」と感慨深く浸るのは、もっと先の別の話しなのか。

健康であれば、我々はまだ20年は一進一退の攻防は続く・・

それにしてもご近所さんのピザ美味かったな。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら