安請け負いについて語ってまた飲んでしまった夜・・

広告

嫌なものは嫌と言えばええやろ。

流されて付いて行くだけでは結局のところ結果は付いて来ないな。

何の話かというと、安請け負いしてしまった仕事は、やっぱり安請け負いで終わるという結果だ。

元々の出所も核心を理解せずに、人から人へと渡って、巡り巡って来た話しのようなものだ。

核心を見極めて、「ああ、これは」というものには顔を突っ込むのはやめて、サラッと避けよ。

via PressSync

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら